「休みたいときは休めばいい」←こんなぬるくて成功できるの?

 

どうも〜、さくです。

最近は、ツイッターとメルマガに力を入れまくっています。

 

そのおかげでツイッター経由でのメルマガ読者が増えまくっているので

とてもうれしい限りですね。

やりがいが上がりまくりです。

 

さて、ツイッターを研究しまくっていると、

 

「僕の思想の中では」あまいなあ、、、

っていう思想を持っている人

がめちゃくちゃいるんですね。

 

いやいや、こんなので成果出そうとしてんのか、、、

みたいな。

 

そういう甘い思考の中で、こういう内容のツイートがありました。

 

 

 

「休みたいときに休むことも重要」?!

 

行動と同様に休むことも重要。
ツイッターでは行動行動しつこく言われているが、
休みたいときに「明日やろう」と思える心も必要。
疲れたら休めばいい。

 

こんな内容のツイート、、、これをツイートしていたのは

大物インフルエンサーでした。

 

 

しかもこのツイートのリプライには、

 

・肩の荷がおりました!

・それが一番効率いい。

・行動したくない時にはあえて行動しないことも必要ですね!

 

 

みたいな反応がたくさん来ていたんすよ。

 

しかもこのツイートが結構バズっていました。

 

それだけ、人の共感を呼ぶようなツイートだったということですが、

 

正直言ってこの思想やばいし、この思想に共感している人の中でネットで価値提供して金を稼ぎたい人がいるとしたら、相当マインドがガバガバだな、、って感じてしまいました。

 

なんでヤバいのかといえば、

簡単なことで、結果出てないのに休んでいる場合じゃねえだろ!って思うからですね。

 

 

僕がこのツイートで問題提起したいことは、

 

 

・「休みたいときに休む」に共感が多く集まっていること

・行動がつらいというマインドを持っていること

 

です。(ネットビジネスで稼ぎたい・結果出したい人に限る)

 

 

休みたい時に休むのではなく、休むべき時に休む。

 

少し難しい話なので、結論から言います。

 

情報発信、ネットビジネスは何か目的を達成するための手段にすぎない。目的を達成するためにやりたくない時は休もうとかそんなスローペースで進んでいいの?

 

休息も作業も目的達成の手段であるべきだから、やる気ないときに休むのではなく、「目的達成のために休憩した方が近道だ!」と判断したときに休んだ方がいい。

 

 

少し話がややこしいですが、継続には重要なマインド。

 

尻上がりでなるほど!ってなるので最後までかみしめて読んでください。

 

そもそもなぜ情報発信をやるのか?

 

 

多かれ少なかれ、情報発信するのは何か目的があって、

そしてその目的を達成するツールとしての発信です。

 

 

お金に不自由のない状態になりたいな

と言うか自由を手に入れたい!

という目的があって

 

 

その目的を達成するために、

note買ってもらったり、自分の商品を売る。

これが手段。

 

金を稼ぐという「目標」があって

その手段として情報発信していきます。

 

 

 

目的ベースに考えて、

目的を達成するために目標を定め、

その目標を達成するための手段がある。

 

で、作業が手段なのはもちろんなのですが、休むのも目標・目的を達成するための手段です。

 

 

「休むこと」も金を稼ぐという「目標」のための手段に過ぎない

 

 

 

僕は仕組み化をはじめとして、

ツイッターもブログもなんでやっているのか?

 

それは僕の理想である

「ネットで稼ぐという自分の理想の生き方を広めて一人でも多くの人の価値観を変えること。そして僕の生きやすい環境を整えるため」

これが目的です。

 

 

そのための目標はネットでお金を稼いで僕自身ネットで生きれることを体現すること

 

 

 

仕事することも目的達成のための行動であるべきだし、

遊ぶことも目的達成のためにあるべきです。

 

 

 

 

休むことも同様に人生の目的を達成するための行動であるべき。

 

休むことが目的達成に必要だなと思ったら、休むし。

仕事することが必要なら仕事をします。

 

 

だから休みたいときに休む必要はないのです。

 

サボりたいけど、時間もあって疲労もたまってなければ作業するべきだし、

 

やる気ある時でも、疲労で作業したら体壊すなと思ったら休む

 

これが目的達成のための行動マインドです。

 

 

結局は行動が命。価値提供は行動ありきだ。

 

もしも、ブログやツイッターを事業として考えているのなら、

「休見たいときに休め」というスタンスは「悪しき風習」でしかありません。

 

 

むしろ

目標や目的を考えて、

その時々にふさわしい行動をすることが必要です。

 

 

おそらくの話をすると、

この休みたいときは休め

というツイートをしたインフルエンサーさんは、

インフルエンサーになりたいボーイ・ガールよりも圧倒的に行動していて、

継続する習慣を持っていて、実績もあって、形になる資産を持っています。

 

そして何者でもないあなたよりもより高い基準値で行動しているはずです。

 

 

他人から承認される資産を持っていないなら、とにかく行動しない限りは何者にもなれません。

 

「行動行動ってみんな言っていて疲れた」

と言っている場合ではないのです。

 

価値提供で稼ぎたいならとにかく行動です。

行動が0なら資産もくそもないですからね、、、。

 

 

 

環境の問題で行動できない

(例えば、仕事中・バイト中・通勤中であるとか、、)

なら思考しましょう。

 

思い出すことで記憶の定着を計るのです。

そしてまとまった時間までに

・すること

・話のネタ

 

考えておくと行動すべき時間を無駄にしなくて済みます。

 

資産がないなら行動する。

行動できないなら思考する・勉強する。

 

ネットでは価値提供命。

価値提供は行動が前提。

何者にもなってないなら、何者かになる必要があるんすね。

 

とにかく、ネットで生きるためにはそれくらいのバイタリティが必要です。