• ブログ
ブログ写経の効果的なやり方とは?最適な方法にするための3つの方法

 

こんな方の悩みを解決します。

 

『効果的にライティングを上達させる方法を知りたいな』
『ブログの写経に興味があるけど、実際にどうやればいいかわからない、、、』
『以前ブログ記事の写経をやってみたことがあるが、あまり効果が感じられなかった』

 

写経は正しい方法でやれば、効果が出ますが間違った方法を継続していても全く意味のないさぎょうになってしまいます。正しい方法をマスターして最短で写経の成果を出しましょう。

 

 

どうもこんにちは、さくです。

 

僕は現在マーケターやメルマガライターとして活動しています。初心者の状態から今の状態になるまで何十万文字も書いてきましたが、この練習の中で特に効果があったなと感じたのは「写経」でした。

 

ただし写経もやり方を間違えては最大の成果が出せません。

 

今回は僕が写経をする際に意識した『3つのポイント』を解説して、ブログ記事を写経するコツをサクっとマスターしてください。

 

それでは始めます。

 

ライティング力をアップさせるための写経と音読

 

 

ライティング能力を上げるためには理論を理解して、実践して経験値を積む必要があります。そのために僕たちは、インプット→アウトプットを繰り返すのです。

 

普通は、インプットとアウトプットは別の作業です。音読・写経は、インプットとアウトプットを同時に実行できるため、ライティング力をスムーズに高められます。

 

読んでインプット→頭で理論をもとに分析→書いてアウトプットを一度にできるため、非常に効果的です。

 

 

 

 

ブログの写経で思考停止にならないために気を付ける3つのこと

 

ブログ記事の写経はインプットとアウトプットが同時に行えるため効果的だという話をしましたが、ただ目的もなく書いているだけでは何の意味もありません。

 

目的をもってブログ記事を読んで、分析して、写経する必要があります。そこで、僕がいつも写経する時に気をつけていることを解説していきます。

 

 

 

言い回し・表現技法を自分の中にストックする

 

 

文章の中にも同じことを伝えるはずなのに、伝わる文章と伝わらない文章が存在します。

 

できた文章は必ず音読してチェックしましょう。

音読して引っかかる部分があれば、あなたの文章を読む人にも違和感を与える可能性があるからです。

完成した文章の推敲を怠ると、執筆中に気づけなかったミスを放置することになるのでどうしても記事の離脱率は高くなります。

完成した文章は必ず確認を怠らないようにしてくださいね。

 

音読して引っかかる部分があれば、あなたの文章を読む人にも違和感を与える可能性があるため、できた文章を音読して確認することは重要であります。それを怠ると、離脱率の高い文章になります。完成した文章の確認は必ず行います。

と2つの文を用意しましたが、圧倒的に1つ目の文章の方が入ってきやすいと思います。

 

2つ目の文章は、改行が行われていません。全体的に詰まっているため読みにくい文章になっていませんか?

 

さらに文章の語尾がすべて「ます。」でそろっていますよね。人間は文章の中で同じ言葉が重複してしまうと、ついついその単語に注目してしまいます。だから内容が入らなくなるのです。

 

「それ」という指示後も「文章の推敲」という単語に置き換えられます。対して、1つ目の文章は、改行がキレイにできているし、語尾もバラバラになっていますよね。

 

同じ単語を重複せずに、「確認」「推敲」「チェック」と同じ意味の違う言葉を使っています。

 

刺さる文章には、刺さる理由があります。そして刺さる文章には、たくさんの刺さる表現が使われているのです

 

 

あなたが使ってない刺さる表現は世の中に無数に眠っています。
写経の際は、ただ移す作業をするのではなく、表現に目を向けてみましょう。

 

 

「語尾をそろえない工夫」「同じ言葉を重複しない工夫」「刺さる表現」をいい文章から盗むことを心がてみてください。

 

あなたのボキャブラリーが増えると同時に、多くの人に行動を起こさせる表現を習得することができます。

 

 

記事の構成を意識する

 

論理的に納得させて、さらに行動に移したくなる文章には、最適な構成が存在します。

 

「サンドイッチパターン」「4つの行動パターン」「PASONAの法則」など長年コピーライターが研究した法則を使っているかを写経しながら確認しましょう。

 

 

構造を理解するためには、最初にフレームを理解しておくことが最低条件です。僕のメルマガや登録特典の「仕組み化の世界を覗く。」でメルマガライティングの基礎知識が習得できるようになっています。

 

そちらで大枠をおさえて、そのうえで構造を分析すると、うまい文章のつなぎの方法や、構造が鋭く見えるようになります。

 

 

 

「今この部分はストーリーを書いているのだな!」

「ここは親近感の部分だ」

 

とわかるようになるので、構造をおさえるためには、最低限のライティングの知識をメルマガやブログ記事で身に着けて写経に入りましょう。

 

 

 

読者に何を誘導するための記事なのかを推測する

 

心動く記事や文章には必ず「筆者の意図」が存在しています。

 

例えば、ダイエット講座を受けたい人に向けて書く文章と、ダイエットに興味がある人に向けた文章、ダイエットしたいんだけど何がいいのかわからない人のために書く文章は違うものになってきます。

 

誰かに刺さる文章は、「悩んでいるあなた一人」のために書いています。ターゲットが明確なんです。

 

 

そして、刺さる文章には『意図』があります。

 

メルマガに登録してもらうための文章もあれば、YouTubeを見てもらうための文章もありますよね。PV数を稼ぐための単発の記事の場合もあれば、他の記事に誘導して、ブログの滞在時間を延ばすための記事もあるかもしれません。

また商品が買いたくなる、販売ページかもあるでしょう。

 

 

あなたが思わず、次の行動に移りそうになった文は写経にも有効な文章です。

 

 

対して、『何が言いたいのかわからない文章』はターゲットが明確ではないことがおおいですね。

 

 

  • どんなキーワードで検索した人を狙っているのか?
  • ターゲットに記事を読んでどんな行動をとるように誘導しているのか?

 

という入り口と出口を考えて、写経してみましょう。

 

 

 

まとめ:ブログ記事写経でワンランク上のライティングスキルを身に着けよう

 

いかがでしたでしょうか?

 

普通に考えたらめんどくさい写経ですが、意識して継続していくことで、著しくライティング能力が向上します。

 

25万文字やれば成果が出始めるといわれていますが、僕は2か月で50文字を目標に写経して、コンサルをしてくれている先生に毎日報告するようにしています。

 

「なぜ?」を考えることが写経には必要ですが、この「なぜ?」を考える力が、ライティングのみならず、ビジネスを成功に導いてくれる思考なので、一緒に身に着けてほしいです。

 

写経する記事が分からないという方は、ぼくのメルマガを写経してみてください。型に沿って作られていて、使っている型も、メルマガ登録無料特典で公開しています。