【アフィリ挫折者必見】継続力を上げるための最大の武器は習慣化だ

さくです。

 

 

今回は継続力についてのお話し

 

 

そもそも、リアル、ネット問わず、ビジネスで稼げない人の特徴は、

 

 

 

自己投資しない=行動力不足

 

続けない=継続力不足

 

必要なこと調べない=情報収集力不足

 

 

 

この3つにあります。

 

 

この中で、0から1を作り出す最大の関門として、

継続力不足が挙げられます。

 

 

「継続力を維持する」ためにはいくつか方法があって、

その中で効き目が強いのが今回取り上げる、習慣化です。

 

習慣化とはどんなものか?

どのように取り入れるべきかを具体的な例をもとにお話していきます。

 

youtuber毎日動画投稿する意味あるの?

 

 

 

 

今や知らない人がいないといっても過言ではない

YouTuberという職業ですが、

 

 

 

youtuberがそれだけで飯を食っていけるのも

習慣化が密接に関係しています。

 

 

たとえばヒカキンさんが動画投稿する日は

毎回夜の7時にアップロードしています。

 

 

他のyoutuberもそのように

時間をきめて投稿していることが結構ありませんか?

 

 

 

 

できた動画を一気にまとめて投稿する方が絶対に楽なのに、

このようにあえて毎日投稿で分ける理由が「習慣化」です。

 

 

 

 

毎日決まった時間に投稿することによって、

視聴者の生活の一部に自分の動画投稿を組み込めるのです。

 

 

生活の一部の中に組み込めれば、

無意識のうちに人はyoutubeを開いてしまいます。

 

 

 

「あ、7時だ、ヒカキン動画アップロードしてる時間じゃん。見なきゃ」

 

 

こんな感じです。

 

 

 

 

 

計画的にアクセスを狙うyoutuberはこの方法を採用していることがめちゃ多いです。

 

政治系ネタを取り扱うKAZUYA さんとかもこれに当たります。

 

 

 

 

 

スマホゲームのログインボーナスとかもこれですね。

毎日アプリ開いてくれないとプレイすらしてくれない。

プレイしてくれないと、課金すらしてくれない。

 

 

 

逆に毎日アプリ開いてくれるボーナスがあれば、

アプリを開いてくれるハードルは下がるので、アクティブユーザー数も増えて、売り上げアップにつながるのです。

 

 

習慣化=生活の一部化です。

 

 

 

企業や、youtuberなど、習慣化を使って、

知らないうちに僕たちの生活を

巧みにコントロールしています。

 

 

 

 

 

習慣化に操られるだけではなく、自分たちも応用すれば、

生活をコントロールできるのではないでしょうか。

 

 

 

習慣をとりいれるために必要な3ステップ

 

 

リスト化しよう

 

 

今やっていること、これから習慣化しようとしていることをリストとして挙げてみましょう。

 

 

人間は習慣で動く時間が3割から5割だといわれています。

 

 

 

 

それに対して

意識の中で動く時間=集中力を駆使して動く時間が

5割から7割だといわれています。

 

 

 

習慣で動く5割の時間のうち人間が認識できるのは4割ほど、

残りの6割は何やってるかも覚えていない時間になります。

 

認識できる習慣が4割

認識できない習慣が6割ですね。

 

 

人生の内、

12%から20%の時間は、あなたが「認識できる習慣」あるので

そこをまずはあらいだしてみてください。

 

 

youtubeを開いている時はいつなのか、なぜひらいたのか。

 

 

 

 

買い物はどのくらいの頻度で行っているのか。

 

 

 

 

 

思い出せる限り、リストにまとめてください。

 

そのリストの中で、

新しい習慣をぶち込めそうなところをチェックししましょう。

 

 

 

 

どの部分が必要な習慣でどこがいらないかを明確にすることができます。

 

 

 

今度は新しい習慣リストを作っていきます。

 

 

今月新しい習慣として、

何をやるのか、

どこを削って、

どのくらいの時間を確保するのか、

 

 

 

一か月でどうなることが目標なのかをまとめておきましょう。

 

そのリストは毎朝、毎晩確認します。

 

 

 

 

朝はやることを毎回頭ん中にぶち込んで、

意識的にはじめのうちは行動していきます。

 

 

リストに書いてあることは必ず声に出してください。

 

 

しゃべることで視覚以外の感覚器官を使うので自分の中で、

より意識できます。

 

 

夜は今日は目標としていたことができたのかをしっかり確認してください。

 

 

 

やったことに対しては毎日セルフ講義みたいにしゃべって、

身についているのか、本当に実践できたのかを確認していきます。

 

 

「今日も掃除をやった。場所はキッチン回り。かかった時間は15分。洗剤の出しすぎがあった。」

 

毎日掃除をする人ならこんな感じでアウトプットしてください。

 

言葉にする

 

 

ハードルを下げよう

 

 

新しい習慣が例えばブログ記事を書くだとしましょう。

 

 

新しい習慣にはまとまった

時間が必要だと考えがちですが、

大きな時間をわざわざ作る必要はありません。

 

 

 

ネタは常に考えていればいいし、

構成も見出しをメモっておいて、

作り置きしておけば、

それだけでブログをつくる時間を半分以下にできます。

 

 

 

細かな時間で少しずつ習慣にするための時間を増やすことを心がけましょう。

 

 

 

 

人間は自分がやる物事に対して完璧主義になりがちです。

ネットビジネスにおいて、

完璧主義なんて悪以外の何ものでもないです。

 

 

 

 

作業をはかどらなくする原因が完璧主義。

挫折の原因、三日坊主の原因も完璧主義です。

 

 

 

 

最初から100%の物を作る必要はありません。

むしろ、60%くらいの記事を

3回修正して100%に近づけるイメージでいる方が、効率がいいです。

 

 

 

 

さっきは掃除の例を引き合いにだしましたが、

別にキッチンであっても、朝シンク周り、夜コンロ、寝る前に床を掃除という感じでやった方が、ストレスにもならないです。

だから続けられる。

 

 

新しい習慣も分割してみましょう。

その方が、ハードルは下がりますよというのが2つ目のステップ。

 

 

新しい習慣は1月に1つしか入れてはいけない

 

 

習慣は一朝一夕で身につくものではありません。

 

意識→無意識でも実行

これで初めて習慣になるのです。

 

 

例えば、掃除をする、記事を書く、ジョギングする

これ全部を一度にやろうとしてしまうとそれは当然すべてどっちつかずになって

全部中途半端になってしまいます。

 

 

 

メンタリストのDaiGoさんによると、

人間が身につけられる習慣の数って

一か月に一つがマックスらしいです。

 

 

 

これは僕の言葉を使うならば、

優先順位をつけて、上位の物から徹底的に攻略しろという事と一緒です。

 

 

 

 

確かに僕も経験上一か月で徹底的にできるものの量は一つです。

 

 

 

英単語を極めようと思ったら、

英単語を徹底的にやりまくったし、

文法も短期集中で極めたものです。

 

 

1つに絞れば習慣化が早いです。

 

 

 

一つ習慣ができればいいサイクルに入れるので、

どんどんといい流れに乗れるので、

まずは一つ習慣をつけてみるのはいかがでしょうか。