• ブログ
ネットビジネスがうまくいく人は「学びに素直」である

こんにちはさくです。

 

 

学びに素直になるとネットビジネスを有利に進めることができるよって話をしていきます。

 

 

ネットビジネスに向いている性格、向いていない性格はあんまり関係ないと思うのですが、超大事だろって思うのが、

「教わったことを愚直にできる力」

 

なんですよね。

 

 

ネットビジネスってじつはたくさんの壁があります。

 

正しい行動力
正しい継続力
正しい情報収集力
正しい修正力
正しい勉強法
適切な教材
適切なペース配分
適切な準備
十分なマインド

 

このどれか一つでも欠けようものならビジネスって実は成功しません

ひえー大変だね。

 

 

これ全部をクリアしないといけないのがビジネス。

 

全部クリアするためにどうするのが最短ルートなのでしょうか?

と考えた時に

「先生から教わった成功パターンを自己流抜きにして徹底的に実践する」

になれるのが一番の近道なのです。

 

 

ネットビジネスやる人は3種類の人間しかいない

 

 

 

ネットビジネスやっていくと人間は3つのタイプに分かれます。

 

一つ目、言われたことを完コピして素直にこなす人

 

 

2つ目、言われたことからアレンジを加えてオリジナリティを出そうとする人

 

 

3つ目、そもそも誰からも学ぼうとしない人

 

 

 

 

3は論外ですよね。

 

だってビジネスでも長年研究されてきた成功しやすいパターン的な原則が存在するにもかかわらず、それを完全無視してオリジナルで成功しようとしているなんて傲慢だし、ノウハウを研究してきた人、数多く試行錯誤を繰り返してきた人に失礼です。

 

 

3の人は当たり前ですが、

実は2の教わったことからアレンジを加える人もネットビジネスでは成功しにくいです。

 

 

大体の人間が「自分なりの方法」でやろうとしてしまいます。

 

実は教材を購入していても教材を見て、先生のやっているそれっぽい方法をやっているだけで先生と完全に同じノウハウでできている人って、

 

結局オリジナルを入れてしまっているので教わった意味ないよね!

 

って話になってきます。

 

 

 

だからまずはおそわったことを徹底してこなせるような人間、つまりビジネスの原理原則を忠実に守ることができる人間になる必要があるのです。

 

 

 

これが学びに素直な人間です。

 

要はド初心者がオリジナルの手法でやっても成功しないからまずは先生の言ったことを素直に学習しましょうってことです。

 

 

ビジネスだけじゃない!学びに素直な人が勝てるのが世の中の仕組み

 

 

 

 

ビジネスを学ぶ、実践することは野球の打ち方を練習することに似ています。

 

 

野球上達しようと思ったら、

野球観戦でマンゾクするのではなくまずは野球チームに入るはずです。

 

 

そこでコーチからバットの持ち方や腰の使い方、バットの振りぬき方を教えてもらいますよね。

 

 

 

ここが基礎的なところに当たります。

 

 

高校野球など見ていればわかりますが誰も片手でバットもって腕だけ振ってヒット量産する選手なんていないです。

 

 

ちゃんとみんな同じようなバットの持ち方で、力をボールに伝える腰の動かし方を覚えている。

 

 

そして正確なフォームを体現したうえで

自分のリズムだったり、ルーティーンができてくるのです。

 

 

 

野球でも正しいバットの持ち方・ボールの打ち方をマスターした後に、初めて自分だけのルーティーンワークや、打球を合わせるリズムが役に立つのと同様に、

 

 

 

 

ビジネスでも正しい戦略や正しいライティング方法など絶対に押さえておかないといけない分野を正しい方法で身に着けることで初めてその人独自の文章の手グセだったり、発信者のキャラクターが生きてくるのです。

 

 

 

 

誰もが共通に持っている「ド基礎」分野があって、その上にオリジナルが成立する。

 

 

学びに素直になれずに、先生の言う事をアレンジしてやろうとする人は正しいボールの打ち方を学ばずに、プロ野球選手のルーティーンワークを真似してかっこつけているようなもんなんです

 

 

学びに素直になるための超シンプルな方法

 

学びに素直になるためにはどうすればいいのでしょうか?

答えは簡単で勉強の段階で徹底反復して先生のスキルやノウハウを脳内にぶち込むのです。

 

 

実践の段階に移行する時に、自己流の介入の余地がないように知識をバリバリに着けてしまえばいいのです。

 

 

反復、反復、反復。

まずはこれだけを意識してください。

 

 

実践の中でもメインの教材を何回も何回も復習して「何となく」自分の感覚でやっている内容を減らして、先生の教えのようにやっていくことが必要ですね。

 

 

で、基礎的なことがマスターできるようになると自分のリズムが味を出してきます。

 

 

そのためにもまずは徹底的に教材を反復。

学びに素直になってください。内容を教えられるくらいにバカみたいに教材・本を反復してみましょう。結局その「愚直さ」が基礎的なことを身に着ける近道であり、成功の近道だったりします。