• 投稿 2018/10/25
  • 未分類
質?量?最短効率でコンテンツを作り出せば、成功は大きく近くなる

こんにちはさくです。

 

まずはこちらをご覧ください。


 

質と量どっちが大事なの論争についてお話していきたいと思います。

これに関しては、どんな有名情報発信者さんも同じ答えを持っているかな、と。

 

思考をトップレベルに近づかるためにも読んでおいて損はありません。

 

 

でですね、

僕たち、情報発信者(ブロガーさんだったり、アフィリエイターさんだったり)ってのは前提として、コンテンツを作り出さなきゃいけないわけです。

コンテンツなくして、収益は見込めないわけです。

 

 

初心者からたった30記事、好きなこと書くで月収30万

なんてノウハウを作っているいますけど、

 

本当にそんなにすぐに成功できる人いるんでしょうか、、、

僕の周りには少なくともいません。

 

かくいう僕もチャレンジしてみたわけですが、やっぱりできませんでした、、

 

 

 

そもそも30記事で成功できるわけないやん!!

って思っちゃいます。

 

 

30記事しか作らなくていいっていうことはサイトに来ても見てくれる記事が30個しかないってことですよ。

 

たったそれだけで、SEO的にも優秀でいくつも上位表示されて、離脱率の低いという、超素晴らしい記事を初心者のうちから作り出せるんですかね、、、

 

この手のノウハウって再現性めちゃくちゃ低いです。

 

 

 

結局やっぱコンテンツ大量にうみださなきゃいけないんだ

 

前置きが長くなりましたが、この記事で何を言いたいか?

 

それは、

 

やっぱりある程度の量は担保しないと結果出ないよ。

ってことです。

 

 

僕の師匠も、有名ブロガーも、他の発信者さんも

うまくいっている人ってなんだかんだコンテンツたくさん作っています。

 

 

逆につまづいている人、うまくいってない人って

作品数少ないことが多いです。

 

 

ブログ記事30記事よりも、

記事300記事の方がそりゃ上位表示される確率高くなるし、

ってことは自分のブログ見てくれる人が増えやすくなるし、収益化できる可能性が上がるわけですよ。

 

 

「30記事なら俺もできるかな~」って考えた初心者が

まんまとノウハウにひっかかって、実践しても稼げないじゃんと挫折した経験のある方もいるかもしれません。

 

だけど、情報発信者さんで30記事で成功した人の方が少ないと思います。

単純な30記事じゃ無理だから例えばSNSと絡めたり、ブログの代わりにYouTubeに動画を大量に上げたり、インスタ集客でブログに飛ばしたりと工夫しているわけです。

 

 

 

特に初心者こそ量を大事にしましょう。

量をこなすためにはスキマ時間を有効に活用したり、

まとまった時間での効率を上げたりすることが必要です。

 

 

そして最初は小さなコンテンツをたくさん作ることから始めましょう。

 

ツイッターならハードル低いですよね。

ブログなら、いきなり超キレイな3000文字の記事とか難しいわけなので、

とりあえず1000文字くらいのところから始める。

 

単純に考えれば、同じテーマで1000文字の記事3つ書ければ、3000文字の記事も書けるようになるわけです。

 

「最初こそ量を重要視」です。

 

 

この記事も殴り書きで作っているハードルを下げたコンテンツです。

だいたい1500文字くらい。

 

いつものSEOライティングとか完全に無視して、書いているわけですが、かかる時間は超少ないです。30分くらいで書けます。

 

これができるようになるのも、「慣れ」です。

 

 

「慣れる」には数をこなす必要があります。

たくさんアウトプットすれば、自然に質も上がっていき、そこで初めていいコンテンツを作れるようになるわけです。

 

 

まとめ

最初は量、慣れてきたら自然と質が上がるよ

 

二次関数的にいきなり成長するのでそれまでは辛いかと思いますが、それ乗り越えればブログ書くのが楽しくて楽しくてしょうがなくなります。

 

そこを目指して、最初は量を意識して頑張りましょう。