どうもこんにちは

 

さくです。

 

 

「ネットビジネス」と世の中ではひとくくりにされがちですが、実は様々な手法で、いろいろなノウハウが存在します。

 

 

転売、サイトアフィリエイト、メルマガ、ライン@、ブログ、アダルトアフィリ、ツイッターアフィリ、YouTubeアドセンス、トレンドアフィリ・・・

 

 

挙げだすときりがないです。正直手法がありすぎてどれを行うべきなのかわからない。

そんな人もいるのではないでしょうか?

 

 

そんな昨今のネットビジネス業界の中でも、実はネットビジネスってたった2種類しかないんです。どんなに複雑な手法でも2つに分けられます。

 

 

  • 収入を自動化できる「仕組み化」
  • 収入を自動化できない「労働型ネットビジネス」

 

このどちらかになります。

 

 

そしてその中でも、稼いでいる人はほとんど例外なく「仕組み化」を実践しているのです。

 

今回はそんな「仕組み化」がどんなものか共有していきます。

 

 

まずは動画作ったので見てください。

記事は動画の要約的な位置づけになります。

ネットビジネスで不労所得を作る唯一の方法が「仕組み化」

 

 

ネットビジネスの世界ではよく初心者に向けて「トレンドアフィリエイト」がオススメされます。

 

時事ネタやゴシップ、漫画のネタバレなどを取り上げて、最新情報を記事にしてアクセスを稼ぐという手法です。

 

 

アクセスは集めやすいですが、ゴシップは次から次へと誕生して、今までのネタに世間は関心がなくなりアクセスはすぐに落ちていきます。

 

つまり、記事を書き続けないと一定数のアクセスを集められないということです。

 

これが先ほど説明した「労働型のアフィリエイト」

 

僕は「ネット社畜」なんて呼んでいますがあながち間違いではなく、

本当に作業し続けないと収入は落ちていきます。

 

 

そんなギリギリの状態で生活していくのは嫌じゃありませんか?

 

 

 

「仕組み化」はそれとは対照的です。

 

仕組み化は簡単に言うと、

「インターネット上のツールやサービスを利用して、売り上げが発生するまでの流れを自動化する」ということです。

 

 

例えば、YouTubeを利用すれば、YouTubeの検索窓から僕のチャンネルの動画を見つけてくれます。

 

こちらからチラシを配ったり、ツイッターDMをいちいち送る必要もないのです。

 

 

メルマガサービスを利用すれば、あらかじめあなたがセットした順番でメールを流すことができます。

 

「ステップメール」と呼ばれるこのサービスを利用すれば、ユーザーはいちいちブログを検索せずともあなたの情報を受け取ることができるのです。

 

 

 

仕組みを構築していて、長く情報を提供できるような「資産」を生み出している人を

仕組み化社長」なんて呼んだりもしています。

 

 

このように、なるべく自分の手を介さずに物を売る流れを構築するのが、「仕組み化」です。

 

 

 

仕組みを作るために押さえておきたいビジネスモデル

 

 

仕組みには王道パターンが存在します。

「DRM」と呼ばれる手法です。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングの略で、これは

何らかの反応をとってくれた見込み客に対して、直接的に販売していくという手法をいいます。

 

 

たとえば、通販なんかがこれに当たります。

 

 

商品を紹介した後に、

「○○へのいお問い合わせはこちら」

「090‐〇〇〇‐×××」

 

 

そして商品を購入したくれたお客様のもとには、

季節に一冊商品のパンフレットが届くのです。

 

 

そこでさらに商品の購入を促す。

 

これがDRMというものです。

 

 

じつはこれ、Amazonや楽天も使っています。

Amazonのライン@からおすすめの商品の情報が届いたり、楽天からは、セールのメルマガが届いたりしますよね。

 

 

なぜここまでの大企業でさえ、利用しているのかといえば、人を雇わなくてもシステムによって自動化できるからです。

 

 

メルマガやライン@を利用すれば、1人1人のお客様に電話対応などせずともボタン一つで簡単に情報発信ができます。

 

 

このマーケテイング手法を利用したのが、いわゆる「仕組み化」というものです。

 

 

ではどのようなステップを踏むのか、見ていきましょう。

 

 

【仕組み化のキモ】集客→教育→販売の3ステップ

 

 

 

 

 

先ほどから説明している仕組み化ですが、

具体的にどのようなステップを踏むのでしょうか?

めちゃくちゃ簡単に説明します。

 

 

仕組み化において

集客→教育→販売

この3ステップでものを売る。この流れがネットビジネスにおけるDRMです。

 

メソッドは確立されていて、それぞれのコンテンツに役割を分担させているのです。

 

集客コンテンツ:見込み客を教育コンテンツに流す。

 

教育コンテンツ:見込み客に商品の良さを伝える。

 

販売コンテンツ:商品の良さを十分に知った状態のお客様に初めて商品を紹介する。

 

 

 

なぜこの流れなのか?

 

理由は至ってシンプルで

この流れが一番「売れる」からです。

 

 

 

例えばブロガーさんなんかがブログ収入で稼いでいますが、

仕組みを作ると比べ物にならないくらい物が売れまくります。

 

 

そもそもブログって仕組みの中のほんの一部であって、それは全体像ではありません。

 

 

ブログ内で物を売るよりも3ステップで販売する方が圧倒的に効率よく売れる。

 

 

 

情報発信で稼いでいる人は「仕組み化」を導入している人がめちゃくちゃ多いです。

どのくらい可能性があるのか、この話はピンキリになりますが、

上は際限なくいます。僕は300万も知っていますし、僕の師匠は1日何もしなくてもしゅうにゅうが発生するような「仕組み」を構築していました。

 

 

 

このDRMはただの物を売るために、最強に効率のいい手法にすぎず、

単純にこの手法を知っているだけでは、収入を自動化することはできません。

 

 

大事なのは、この流れの中で自分が介入する場所を減らすということです。

 

 

 

つまり、

 

自分が作ったコンテンツを特定のサービスや、ツールを利用することによって

自動ではっしんしてくれるようにすることを心がけます。

 

 

システムやツール、サービスが代わりにやってくれることはそれにすべて任せてしまうことで収入の自動化が実現するのです。

 

 

 

 

仕組みを作るうえで今から何をするべきか

 

仕組みを構築して、収入を自動化する上で最も意識してほしいことは

「資産を作る」感覚を身に着けることです。

 

 

 

「資産を作る」とはどういうことなのかというと、

自分が作った記事であったり、動画、商品が見込み客までしっかり届くようにしなければならないということです。

 

 

 

 

例えば、ブログサービスは、無料ブログと有料ブログに分かれます。

有料ブログは削除リスクがなく、検索エンジンに引っかかりやすいという特性があります。

 

 

 

 

対して、無料ブログは、始めるのはお金がかかりませんが、

運営会社の決定一つでブログが削除されて記事が全消しされたり、

そもそも検索エンジンに引っかかりにくいという特性があります。

 

 

趣味としてはいいですが集客には圧倒的に不向き。

 

 

せっかく文章を作っても読まれなきゃ意味ないのです。

初期投資を怠って読まれないことをずっと続けていても、その努力は報われません。

 

 

 

ブログなんて読まれてなんぼ、

読まれないコンテンツの資産としての価値はゼロです。

 

 

本気で集客するためなら、

ブログサービスがもちろん有料ブログである「ワードプレス】というものを利用しなければなりません。

 

 

教育コンテンツでも資産を意識する必要があります。

 

 

教育コンテンツを自動で届けるには、メルマガを利用しないといけません。

1人1人にメールを送っていたら、らちが明かないのです。

 

 

毎回毎回文章を考えて作成していては、「資産」にはならないのです。

 

 

 

このように、集客コンテンツ然り、教育も販売も、

 

たくさんの人が見てくれるような、そして一度作った記事が何度も見てもらえるような「資産」を意識した仕組み作りをしましょう。

 

 

 

ネットビジネスでも仕組みを意識しなければ「労働者」だ

 

 

ネットビジネスには2種類しかないと冒頭で紹介しましたが、

僕は、当初労働型のネットビジネスをしていました。

 

 

 

お金は稼げました。

いわゆる「労働以外の収入」を手にしましたが自由になったわけではありません。

 

 

 

むしろ自由からは遠のきました。

 

なぜかというと「収入が途絶える恐怖」があったからです。

 

ネットビジネスはすべてが自己責任の世界です。

自分が怠けたら収入は0になる。

こうなってもだれも助けてくれません。

 

 

 

会社員とはココが違います。

テキトーにやっても給料がもらえるし、

アルバイトも怒られまくって仕事ができなくても働いた分だけは時給がもらえます。

 

制約の代わりに安定が約束されているのです。

(その安定がいつまで続くかはわかりませんが・・)

 

 

ネットビジネスは他人に頼っていたら、すぐに搾取されます。

 

だからこそ搾取されないように「時間」を費やしまくりました。

時間を費やさないと、すぐに収入がすぐに途絶えてしまう。

 

この状態は、文字通り「労働」です。

 

 

 

これは、ネットビジネスがすべてこうなのか?

結局ネットビジネスしても収入が増えるだけで、結局労働しないと生活できないのか?

寝てても収入が手に入るは嘘なのか?

 

 

こう思っていた時期がありました。

 

 

ですが、これは僕の完全なる勉強不足で、

そもそもビジネスにおいて仕組み化をしていなかったから「労働」をしていたのです。

 

 

マーケティング手法を勉強して「仕組み化」を実践すれば、収入の自動化をすることができることがわかりました。

 

 

これを知らなければ、ぼくはネット上で一生労働していたでしょう。

やっぱり無知って怖いなと思いました。

 

 

簡単・即金性が高い・成果が出やすい

こんな言葉に乗ることなく、

 

 

最終的に自由になるために、「仕組み化」を意識しながらネットビジネスをしていきましょう。

 

 

 

ブログの関連記事
  • ネットビジネス サラリーマンを辞める?両立する?
    ネットビジネスで稼げるようになる前に会社を辞めるべき?
  • 本で知識をつけてコンサルを判断する
    ネットビジネスで詐欺的な教材・コンサルに遭わない3つの手順
  • ネットビジネス 始め方 4つのルート
    【ネットビジネスの4つの始め方】本当に成果が出る最短ルートとは?
  • ビジネス再現性するための希望
    再現性の高いネットビジネスは本当に稼げるビジネスモデルではない
  • コピーライティング 型をマスターするための練習 
    まず初めに絶対に押さえるコピーライティング2つの基本の型
  • メルマガを配信したイメージ
    メルマガ配信で稼ぐ僕がオススメする3つ稼ぎ方と具体的なやり方
おすすめの記事