『やりたいことがない』人が、後悔せずに行動を積み重ねる方法

こんな人向けに記事を書いています。

 

・何となく今のままじゃいけないことはわかるけど、何をすればいいかわからない

・頑張りたいけど、何を頑張ればいいんだろう??

・そもそも僕のやりたいことが分からないから、行動できない

 

 

この記事を読めば、たとえやりたいことがなくても、自分自身を見つめる方法を変えるだけで、『やらないといけないこと』が見えてきます。

 

 

僕自身も、やりたいことが明確に見えているわけではありません。しかし行動することができるのは、『やりたくないこと』を明確化したからです。

 

 

ほとんどの人がやりたいことが見つけられない理由

 

先日こんなツイートをしました

 

 

 

 

これを読んでいるターゲットは10~20代で、一世代上の人にやりたいことって何ですか?やりたいことができてますか?って聞いたら、「んんん~~~」と回答に戸惑っていました。

 

 

 

要は大人になったからやりたいことが見つかるわけではないというコトです。年齢を重ねたからやりたいことが勝手に見つかるのではなく、『やりたいことを探した』から見つかるのですね。

 

 

 

僕はLINE@の無料面談で、「若いのにすごいですね」的なこと言われると、決まってこう返答します。

 

年齢はすごさと関係ないですよ。生きた時間は『プレイ時間』でしかなくて、人生の中で積んだ経験値の密度が『レベル』ですから・・・
こう見えても結構努力してるんです。

 

やりたいこともこれと同じで、プレイ時間が経過したから見つかるのではなく、レベルが上がって自分自身のことを深く見つめることで、やりたいことが見つかるのではないでしょうか?

 

 

残念ながら、思考停止で生きていたら、何となく嫌な仕事をして、何となく結婚して、何となく退職して、何となく死んでいきます。

 

 

そうならないためにも、自分がどうなりたいかは考える必要がありますよね。『やりたいこと』は見つからない。見つけないと手に入らないものでした。

 

 

とはいえ、やりたいことはすぐに見つからないよ、、、

 

 

とはいえ、やりたいことはすぐに見つからないよ・・・という声が聞こえてきそうっすね(笑)

それはそのはず。やりたいことについて考えて10分で見つかるなんてことはありません。

 

 

経験×思考量=やりたいこと

 

だからです。

 

ですから『やりたいこと』は日々いろんな経験を言語化して手に入れるものだと思います。

 

そういう時は、やりたいことを実現するために行動するのではなく、やりたくないことをしないために行動してみると、意外と方向性が絞れたりします。

 

 

『やりたくないこと』ってぱっと思いつきませんか?

そうです、やりたくないことです。

 

 

やりたいことは少ないけれど、やりたくないことは無限に存在します。

だからまずはやりたくないことをリストアップして、『やりたくないこと』を避けるための行動や努力を展開していきます。

 

やりたいこと やりたくないこと どうでもいいこと

 

 

 

だからまずはやりたくないことをリストアップして、『やりたくないこと』を避けるための行動や努力を展開していきます。

 

 

例えば、僕のやりたくないことは

 

  • 会社に収入源を依存したくない
  • 働きたい人と働きたい
  • 不毛な人間関係を避けたい

 

という感じなので、必然的に『自力で稼ぐ方法』を習得する努力をしました。

 

 

その中でいろんな種類があるわけですが、コピーライティング・仕組み化を選んだのは、正直何となくです。プログラミングとか難しそうじゃん?エンジニアとかよく分らん!という理由でした。

 

多分ライティングとマーケティングが『やりたくないこと』だとわかったらソッコーでプログラミングをやっています。幸いなことに、ライティングはバイトで働くことと比べて圧倒的に苦ではないため続けられています。

 

 

やりたいこととどう付き合うか?

 

『やりたいことをやる』をもう少し深堀すると、どうやってやりたいことをやるのか?という疑問にも行きつきます。

 

 

 

 

例えばですが、

・日常的にやりたいことをする余裕ができれば、どうでもいいことを仕事にしてもいい

と趣味的に考えるのか。

 

・やりたいことを仕事にしたい

と本業にしたいのか?

 

・やりたいことにすべての時間を費やすために先に努力したい

と経済的な自立を目指すのか?

 

人によってもやりたいこととの向き合い方も違ってくるでしょう。

 

ぼくは最終的には、

好きな人と好きな時に好きな場所で働けるようになりたいと思っている、つまり、本業として今頑張っていることをしたいので、

 

『やりたいことを仕事にしたい』タイプでしょう。

本業にしたいからこそクソ全力で勉強します。

 

と、自分が何をしたいか?も大切ですが、どのようにしたいことを付き合っていくかも大切ですね。

 

 

まとめ:まずは、やりたくないことを避ける努力を

 

逆説的ですが、やりたいことをするためには、『やりたくないことをしない』努力が大切です。やりたくないことに時間を取られないようにするためです。

 

例えば工場勤務や肉体労働が嫌なら、勉強して大学に入学したり、専門的なウェブスキルを身に着ける努力を続ければ、あなたの価値は高まって必然的に、肉体労働を回避した仕事ができるようになるはずです。

 

 

と、このような感じで、やりたくないことベースで努力すれば、いつの間にかやりたいことに近づいているでしょう。