• ブログ
完璧主義はコンテンツの質を高める思考法ではないと言う件について

 

どうもこんにちは、さくですです。

 

以前、初心者はどんなことで悩んでいるのだろうとメルマガで悩み相談的なのを実施したところ、

 

 

返信をくれた方から

「コンテンツがなかなか作れません。どうしても時間がかかってしまいます。このメルマガの返信もかなり時間をかけて書いています。」

 

って感じの回答をいただきました。

 

これで僕が回答した動画がこちらです。

 

 

 

 

 

完璧主義は早く抜け出しましょう。

本当にコンテンツの質を高めるのに必要な考え方は完了・修正主義ですよ!

 

という内容でした

 

動画の概要に加え、動画に収まらない部分、補足できる部分をこの記事では書いていきます。

 

 

動画だと復習しにくいなんていうときに活用してください。

 

 

なぜ完璧主義は避けるべきなのか?

 

 

完璧主義って実はコンテンツの質を上げる思考法ではなく、むしろコンテンツを作ることを阻害する思考法です。

 

日本人めちゃ完璧主義になりがちです。精神的にも批判が怖いという心理が働くので、どうしてもいいものしか認められないと考えがちです。

 

 

しかしちょっと待ってください!リアル世界の考え方でネットビジネスいどんじゃだめですよ。

 

ネットビジネスにおいて完璧主義はデメリットだらけで捨てたほうがいい考え方です。

 

どのような弱点があるのか見ていきましょう。

 

 

 

コンテンツを作るスピードが遅くなる

 

 

100%物を作ろうとするあまり、どうしても時間がかかってしまいます。

 

しかし実は100%のコンテンツというのはこの世界に存在しません。

 

知識は人間が整理できないほどあふれかえっています。だからたかだかあなた一人の力ですべての情報を取捨選択して新しいものを作ることは不可能です。

 

読んだことのある本、学んだことのある教材、他のサイトに書いてあったことなど、

限りある情報源の中からしか僕たちは情報を獲得できません。

 

さらに知識は知識は日々アップデートされて、思考法やノウハウも新しい切り口の物が次々に出ています。

 

だから現時点ですげーいい!みたいなコンテンツも半年後には使えない情報になっていたなんてことがざらです。

 

つまりコンテンツを作る時点で完璧を目指す必要はそもそもない。

 

現時点での最良であるべきなのです。

 

継続のハードルが高くなる

 

完璧主義になると継続のハードルはあがってしまいます。

 

「完璧なコンテンツを作らなければブログ記事書く資格ない」って思って発信していると精神的負担は大きくなります。

 

完璧なものを作るためにリサーチに時間費やしたり、文章が出てこないからといって1時間も見出し一つの分を作るのに悩んでいたら貴重な作業時間も無駄にしてしまいます。

 

「悩む」事に時間を取られるのはもったいないです。

 

完璧主義を脱出して負担がない状態だったらスキマ時間を有効に使えますが、

 

完璧主義であれば作業のためにまとまった時間をより多くとる必要があります。

 

このような時間的・精神的な負担があなたが

 

 

完璧主義ではなく完了・修正主義になろう

 

では完璧主義ではなく、代わりにどのような思考法になればいいのでしょうか?

 

答えは簡単で完了・修正主義を目指しましょう。

 

完了・修正主義は

✔未完成でも世に出す

✔自分の知識をアップデート

✔修正を加える

 

この繰り返しでコンテンツの質を高めようという考え方です。

 

完璧主義とは異なって、一発で100%を作ろうとするのではなく、ミルフィーユのようにちょっとずつ塗り重ねて質の高いものを制作していきます。

 

 

 

無限にコンテンツに時間をかけるな。時間内にクオリティを上げる仕組みをつくれ

 

 

完了修正主義のために気を付けなければいけないことは何でしょうか?

 

最も大事なことはコンテンツに無限に時間をかけるのが正義だという

「コンテンツ優位」の考え方を捨てて、

 

一定時間内に一定クオリティのコンテンツを作る型を確立しようと考える必要があります。

 

縦横無尽にペンを進めてもいいコンテンツができるはずがありません。

 

なぜなら人がどのようなときに行動するか?それがどんな時か?どんなコンテンツに、どんな順番で触れた時に行動するのか?

 

というのが統計的に解明されているのです。

 

で、それを誰でも再現できるように体系化したものが「ノウハウ」「型」と呼ばれるものです。

 

時間を短縮しつつコンテンツの質を高めたいなら必然的に「型」をつかいこなす必要が出てくるでしょう。

 

 

一時間で3000文字を高品質なクオリティ出かけるライターさんが、なぜたくさんいるのか?というと、彼らに才能があったからではありません。

 

修正完了主義で、ライティングしまくっていくうちに、

高品質な文章を短時間で書ける「型」を身に着けた結果できるようになったのです。

 

 

完了修正主義の思考を使いこなすツールとして型をマスターしましょう。

 

この型を身に着けたうえで、時間ベースでコンテンツを作っていきます。

 

僕は15分の時間があれば、コンテンツをつくる・直す習慣を身に着けています。

 

全部完璧なものを一個作る時間を割くのではなく、分業して考えています。

 

例えば15分あったら記事の見出し1つ分の文章を書こう。外出先だったら、動画音声を15分、途中まで聞いて勉強しようという風にしています。

 

とにかく一気にやらないと気が済まない

完璧なものを作らないと気が済まない

 

という考えではビジネスできません。

進まないから。成果が出るのに途方もない時間がかかります。

 

とにかくやることはシンプルに、分割して考えてください。

 

 

一気に作れるまとまった時間がないと、コンテンツは作れないという考えは捨てましょう。

 

 

時間を区切って、「型」を駆使しつつ、安定したクオリティを出せるようになることがジュウヨウです。

 

僕の時間の使い方はこちら見てくれれば分かります。参考までに

 

 

 

 

まとめ。

 

マインドを甘く見ている人がいます。けどこういうところって実はノウハウを持っていても使えない原因になります。

 

ノウハウはあるけどマインドがゴミという状態は

勇者の剣持っていても、持ち運ぶ筋力がそもそもないみたいな状態です。

 

 

ネットビジネスに限らず成果を出すためにはその道の先輩がどういう思考で、どういう哲学を持って取り組んでいるのかを知ることは必須条件です。

 

今回だったら、学んだことをまずは実践してみましょう。メルマガに返信するでもブログに返信するでも構いません。

 

とにかく時間を決めてインプット・アウトプットしてみることが重要ですよ。