• 投稿 2018/10/30
  • ブログ
【意識高い系大学生の勘違い】起業ってそんな派手なもんじゃないよ

 

こんにちはさくです

 

大学生・20代前半の「意識めちゃ高い系の人」ってあなたの身の回りにもいませんか?

 

やたら

広告!マーケティング!

みたいな。

 

 

スタバやドトールにたまってよくわからない作業したり、

学校の会議スペースにたまったり。

 

 

実態のよくわからない彼らについて一言物申させてください

 

 

僕の周りの意識高い系大学生

 

僕の周りにも意識高い系何人かいらっしゃるわけですが、

彼らが何をしているのか?

 

 

生態を調査してきたのでレビューしたいと思います。

 

常にマイノリティーでいたい!海外大好き!意識高い大学生

 

海外留学後、すぐに意識高い系になった友達がいます。

 

イギリスに半年間いること何を学んだのでしょうか?

帰国後はボランティアや、勉強会に盛んに参加しているそうです。

 

Twitterのプロフィールは「ザ・意識高い」って感じです。

起業/留学/イギリス/ボランティア

 

 

みたいなことをつらつらと書いているわけです。

 

タイムラインは海外の起業家やスポーツ選手の哲学をリツイートしまくってます。

 

 

 

極めつけはラインのホーム画面の写真の中の文字が

 

「常にマイノリティーであれ。周りの目を気にするな」

 

 

 

いやいや、「常にマイノリティーであれ」ってなんやねん。

 

 

マイノリティーである必要はないだろ。

って思っちゃいました。

 

 

大学生のサークルのノリで意識高い系の人

 

大学の意識高い系のサークルに入っている友人。

 

広告を研究するサークルですが、

なんかそれであたかも自分の実力が向上したって勘違いしています。

 

 

企業とアポ取ってサークルタイアップの企画考えたり、

サークルで勉強会やったり

ビジコン出たり、、、

 

んー、なんかすごく頑張っているのはわかるんだけど頑張るベクトルそれであってんの?

 

何者になりたいのかよくわかりません。

 

実力をつけたい、マネタイズを学びたいというよりは就活のネタを大学生の間に量産したいって感じの活動ばかりしているサークルに入って、

 

その証拠に何も行動できていないという。

 

広告研究するサークルに入っているのに投資しようとしているし、

そのくせ全く行動していないし。

 

学んでいることを全く生かそうとしないブレブレ人間です。

 

 

意識高い系大学生が勘違いしている起業の本質とは

 

 

意識高い「系」の学生って大企業とか起業するとか語学力とか、口ではそれらしい最もなことを言っているが実際は何の行動もできていない人のことを僕の中では定義させていただきます。

 

 

彼らはとにかく派手なプランを作りたい、他人も目に入るような注目集めることをしたいという風に思っているわけです。

 

 

堅実なビジネスを抱えたがらないといいますか、リスクをとったり、依存度が高いことをやりたがる。

だけどこれって違くないですか?

 

 

普通にネットビジネスやってたら派手なビジネスって作るの難しいって分かるわけですよ。

特に実績がないうちは、

ムダがないような、経費をかけずともできるビジネスモデルを作るべきなのに、

注目してほしいという一種の自己承認欲求の中で動いているような気がします。

 

実績がないから、実力のある人に拾ってもらいたい、

だから、ビジコンも出るし、勉強会に参加するし、人脈をやたら広げたがるのです。

 

 

人脈うんぬんほざく前にやることあるだろバカ。

 

 

自分の実力をつけることです。

自分単体の力でお金稼げますか?って言いたい。

 

別にアプリ作るよりも効率のいい方法なんていくらでもあるわけです。

 

 

 

ムダがない方が全体像が見やすい傾向にあります。

仕組み化なんて超シンプルですよ。

集客→教育→販売を一人でできちゃいます。

 

シンプルが故に全体像が見えている。だからやることが分かっているし、実績が作りやすい。

 

 

なんで留学するの?なんで語学学ぶの?なんでワークショップ行って特許とろうとするの?何のための勉強会なの?

って聞かれたときに全部行動を説明できない。

 

「就職に有利になるから」

「これからの時代必要だから」

「刺激に触れて考えを高めるから」

よくわかんない答えが大半。完全に思考停止ですね。

 

僕からしたら、それを学んだところでマンゾクしてちゃいけないのになって思います。

お前の海外研修は何の役にも立ってないじゃねえかよ。

みたいな

 

結局点が散らばっている状態でしか物事を見れない。点と点をつなげるか、線として、面として物事をとらえられるか。これが重要でしょう。

だから全体像を学ばなきゃいけないのです。

 

 

 

学んだことからあなたがどんな価値を生み出すか。それが重要

 

 

ものがそれなりに不自由なく手に入りニーズからウォンツの時代となっている現代で、

発信力がないのは致命的です。

 

発信力はリスクを減らす力ですからね、、

派手な起業はリスクでしかない。

 

 

発信力といってもスケールのデカいことを言っているのではなく、

自分の学んだことを自分のフィルターを通して自分の考えを加えて自分の言葉でアウトプットすることができるのか。これが大事だと思っています。

 

 

 

 

勉強会いくのも、語学学ぶのも、ビジネスコンテスト出るのも、ワークショップ行くのもいいけど

じゃあそれで、あなたの価値観は変化したの?

それをアウトプットできるの?

 

 

 

自己満だけじゃその経験って一ミリの役にもたたない。

 

 

まずはしょぼいコンテンツでいいのでアウトプットしてみましょう

しょぼいコンテンツについてはこちらの記事から

 

【意識高い系大学生の勘違い】起業ってそんな派手なもんじゃないよ

 

経験と発信って1セットですから。

 

何のために「意識高い系」になっているのかわかんないですが、僕と同じように生きるための実力をつけたいと考えているならまじで発信しない経験は意味なしです。

 

ビジネスなんてお客様ありきだから何を提供できるのか?

その辺を考えれば、もっと自分のことをクリアに見えるはずです。