どうもさくです。

 

 

ツイッター見ていると、たくさんいるじゃないですか?

フォロワーがたくさんいて、一回の発信でいいねやRTを大量に集めて、オンラインサロンやnote販売しているインフルエンサー。

 

一見派手に見えて、楽しそうで、インフルエンサーみたいな稼ぎ方したいと思っている方がもしかしたらいるかもしれません

 

僕はインフルエンサービジネスがマジでオススメしないです。

 

 

 

僕が仕組み化を勉強して育って、仕組み化を広めたい願望の関係もありますが、ひいき目で見てもインフルエンサービジネスは絶対にお勧しません。

 

 

確かにキラキラしていて、楽しそうですが、根本的にビジネスではできたら避けたい「欠点」を抱えているのです。

 

 

今回はインフルエンサーになるべきではない理由を解説していきます。

 

 

今回のお話しは「すべてのインフルエンサー」を批判しているわけではありません。中には、低価格かつ高品質な社会貢献度の高いコンテンツが存在します。
特に最大手のインフルエンサーは無料でも参考になるようなノウハウを提供しています。
ただそれがすべてではないという点。そしてネットで稼ぐ選択肢として、インフルエンサー以外のビジネスも考えなければならないという啓発が今回の趣旨です

 

インフルエンサービジネスは薄利多売になりがち

 

 

インフルエンサーって情報発信してお金を稼いでいる点ではもちろん僕たち仕組み化するマーケターとやっていることは同じなのですが、

 

  • どのくらいの価格帯の物を売るか?
  • 物を誰に売るか?

 

 

 

という点が僕たちマーケタ―と大きく異なります。

 

最初に僕たちマーケターは、、、

 

本当に商品の価値を理解してくれている見込み客に

価値観教育を行うことによって

高単価・高品質かつアフターフォローのある商品を販売する

これが主流のモデルです。
つまりニーズがあるところに高品質・高単価の商品を少数精鋭で本当に必要な人に届けることができるのです。
それを可能にしているのが、メルマガだったりLINE@だったりといった自分の意図した順番で発信できるメディアになります。
プッシュ型のメディアと呼ばれますが、これをはさむことで価値を伝えて、見込み客も本当に必要かどうか判断できるのです。

対してインフルエンサー、特に売り方を全く理解していないインフルエンサーは

 

マネタイズ方法が

 

・note

・スポンサー

・オンラインサロン

 

などが主流ですね。

 

 

しかしこれだと物の売り方は、

属性が絞り切れていない見込み客に対して、

価値観教育を行わず

低価格・中品質物を売り出す。

 

 

インフルエンサーがやっているビジネスモデルでは、

低価格で品質も高単価の商品に比べると見劣りする商品を「大量の薄い客」に対して販売していく必要があります。

 

ニーズにマッチしていない客に対して、低価格の商品を大量にばらまくことになると、

 

1つの問題が生じてきます。それが、今回の話のキモである

「薄利多売」という問題です。

 

 

 

薄利多売とは、利益率の低い商品を大量に売りさばくことですが、

 

・クレーマー気質の人が集まる。

・商品のクオリティが下がり続ける

 

という問題が生じます。

 

インフルエンサービジネスでなぜ薄利多売になってはいけないのか

 

インフルエンサービジネスモデルをおススメしない理由は

 

剥離多売ビジネスモデルだからです。

 

クレーマー気質の人が集まる理由

 

一般的にインフル界隈の人が販売する内容は「広く浅く」の内容であることが多いです。

 

詳しく、分野に特化したノウハウはnoteで有料で売られているのをいくつか購入しましたが、全員がそんなコンテンツを作れるわけもないです。

 

むしろ弱いインフルエンサーほど、専門性の低いノウハウを低価格で売りがりという傾向にあります。

 

 

弱いインフルエンサーのコンテンツは

・低価格で、

・専門性が低い

場合が多いのですね。

 

低価格のコンテンツに集まってくるのが、マインドが整っておらずノウハウばかりに依存して、ノウハウをディスって次々に浮気する「ノウハウコレクター気質」な人。

 

 

ですので価格が安い、無料の物をたくさん手に入れたいというノウハウコレクター気質の方は高単価なコンテンツに比べて必然的に増えます。

 

 

 

ノウハウコレクター気質な人が、専門性が低いコンテンツで何か成果が出ることが少なく、安いコンテンツだからという理由で購入した人は、ファンにすらなることなく、逆にコンテンツについて文句をつけるクレーマーに豹変します。

 

ですのでクレーマーを抱えやすいという問題があることをおさえておいてください。

 

 

商品のクオリティが下がり続ける理由

 

 

薄利多売と言いましたが、より多く売り上げを上げるために、必然的に商品をたくさん作る必要があります。

 

これは仕方がないことなのです。

 

すると専門分野、特に研究し尽くしていない分野のnoteやコンテンツを作る人間まで出てきます。

 

スポンサーの取り方の手段だけ教えて、その詳細の手順を教えてくれなかったり、ノウハウではなく体験談を「ノウハウ」として売り出す輩がいたり、

 

僕自身もそれほど多くのインフルのコンテンツを購入したわけではありませんが、総じて安物買いの銭失い的な

 

 

正しい教育で高単価・高品質の商品を質の高い顧客に届ける

 

分野に関連がある1000円のnote5つ作って別々で販売するくらいなら、それを6つまとめた独自コンテンツを一万円で売った方がお互い幸せになれます。

 

人間ってお金を払ったり、大切な人と別れたりといった「心理的トリガー」がないと行動できないからです。

 

本当に行動してほしい、結果を出してほしいと考えるならば、少数のニーズにこたえる代わりに高単価の商品を販売してアフターフォローを強化する方がいい、ということになります。

 

 

ただ、インフルは自信がないからでしょうか、、、

高単価で商品を売ろうとしません。

 

いや、売れないのです。

価値観教育をすっとばしているから。

 

 

僕たちは

本当に商品の価値を理解してくれている見込み客に

価値観教育を行うことによって

高単価・高品質かつアフターフォローのある商品を販売する

メルマガで価値観教育を行うので本当に必要な人だけが買ってくれるシステムを構築できます。

 

 

実業で成功している、アフィリで月30万稼いでたとか外で圧倒的に実績がある人は別ですが、インフルエンサービジネスはメルマガでしっかりと教育ができていないため「安いコンテンツ」を売らざるを得ないのです。

 

 

そのため、

安いコンテンツを売り続ける、

質の低いコンテンツを複数作る

 

 

という薄利多売状況を生み出し、様々ななトラブルを抱える原因になってきます。

 

それを避けるためにも、メルマガでみっちりと価値観教育する必要があります。

 

なぜコンテンツが必要なのか?コンテンツがあればどういう未来を手に入れられるのか?なぜあなたから買う必要があるのか?

 

この辺をしっかりとメルマガで伝えることで、濃い見込み客だけが残るのです。濃い見込み客に、高品質・高単価な商品を売ることで、

 

有料コンテンツを作りまくって売る必要もないですし、クレーマーみたいな立ち悪い客を呼ぶ可能性も低くなります。

 

 

確かにインフルエンサービジネスはキラキラ楽しそうですよね。今や花形的なポジションですが、少し回り見渡せばもっと堅実で豊かなビジネスがある可能性があります。

 

今回のメルマガを利用する仕組み化もその一つ。

 

正直インフル的な稼ぐ方法は効率よろしくないので、ネットで稼ぐことに興味があるのであれば、業界研究は怠らないようにしましょう。