• 投稿 2018/10/26
  • 未分類
大学つまらないなら今すぐブログで起業してネットビジネスしたら?

 

 

こんにちは、さくです。

 

この記事を書いている現在、

ぼくは早稲田大学の現役の学生でサークルと両立しながらマーケティングを勉強して、情報発信しています。

 

ブログはその情報発信の一環として行っており。

他にはツイッター、youtube、メルマガ、独自教材など幅広いメディアを運営しています。

 

今でこそ情報発信に巡り合えて人生楽しいですが

大学に入った当初は大学がつまらなくてしょうがありませんでした。

 

「何のために行ってるんだろう」

 

「こんなことで4年間無駄にするのか・・・」

 

そんなことを思っていましたが、

今は、ビジネスしてサークルとも巡り合えてマジで生活が有意義です。

 

こんな

僕が考える人生つまらない大学生がネットビジネスすべき理由についてお話しします。

 

 

 

1、金稼げる

 

 

ネットビジネスの醍醐味と言えばこれではないでしょうか

 

 

金稼げます。

 

僕は、大学生ながらにして月30万を稼いだ実績があります。

 

しかも労働という時間的拘束を受けずにです。

アルバイトだけしてたら普通はこんな話全く考えられないと思います。

 

 

 

バイトめちゃくちゃやってるけどこれ何の意味あるの?

とか思ったことある人いるのではないでしょうか。

 

 

 

ただ毎日同じことの繰り返しで、接客して、皿洗って、、、

この時間に意味を見出せない人もたくさんいます。

 

バイトをするのが当たり前という風潮に

僕は全く理解できません。

 

詐欺とかはダメだけど、金かせげりゃ何でもいいじゃん。

 

 

 

 

労働せずに30万も稼げるなんて想像できないかもしれませんが、ぼくのやっていることって何も難しいことはありません。

 

ただ、学んで実践しただけです。

これを延々繰り返す。

これだけです。

 

バイトやりたくなくてネットビジネスをはじめたというのも理由の一つです。

 

 

ビジネスやることで、

時間的自由が生まれるし、

単純作業に飽き飽きすることもなくなるし、

家に帰ったらヘトヘトということもなくなります。

 

バイトが奪う人生の中でも若いうちにしか手に入らない貴重な時間を

有意義に使うことができます。

 

 

 

日本の教育は残念ながら起業とか、経営を選ばせないようなシステムになっていると思います。

これは間違いないと思っていて、国語でも勤勉さをテーマにする題材が扱われたり、

英語も知識至上主義だったりと、

 

実践に落とし込みにくいことばっかり学んでいます。

こんなんじゃ主体性ないんて一ミリも身につかない。

 

 

そうじゃなくて、教育で学んだ世界とは別の世界なんて無限にあることを知ってほしい。

そういうものがあると教育されてないだけで存在しています。

空想でもなんでもないです。

 

 

労働以外でお金を稼げる常識の外の世界を知ってください。

 

2、新しいコミュニティに入れる

 

バイト仲間、サークル仲間、授業の友達という風に大学に入学してからはたくさんのコミュニティにかかわることになります。

 

 

そんなコミュニティはネットビジネスの世界にも存在するのです。

 

 

情報発信者側の交流。

自分の読者との交流。

 

大学のノリはつまらんとか、サークルの友達といてもなんかそりが合わないし、一緒にいても楽しくないというあなた、

ただ大学に行ってるだけでは味わえないようなコミュニティが

あなたを満たしてくれるかもしれません。

 

 

なれ合いなしのシビアな世界だと思っていますが、互いに高めあって成長できます。

 

 

 

3、学ぶことの大切さを知れる、てか学ぶことが楽しくなる

 

大学の勉強がクソつらい。

教授の話は長いし、90分という大切な時間を興味関心のない講義に費やさなければならない。

もうメンドクサイ。めちゃ分かります。

 

これ勉強して何の意味があるんだろう。

 

 

 

勉強しても使えないしどこか他人事な感じがするというか、、、

自分の将来のために勉強するというよりは、

試験で単位をとるために勉強しているというような感じがしていました。

 

 

これなんでつまらないかって考えたら、

いくら関心があっても、

生涯必要なスキルを学習していないからつまらないんじゃない?

って思います

 

しかしネットビジネスで学ぶことって大学で学ぶような机上の空論とは180°違います。

 

勉強すればした分だけ金になって、

どんどん希少な存在になっていきます。

 

 

・生涯において必要なスキル

・学べば学ぶほど金になる

・しかも実践者が少ないからスキル希少価値が高い

 

 

コンテンツマーケティングや仕組み化について知識を持っている人なんてたかが知れてます。

多分日本では弁護士よりもすくないと思われます。

 

 

 

希少価値が高いから、必然的に収入が高くなる。

当たり前ですよね。

 

僕が今やっているのでは、和紙がきれいに完成しなかったものに、逆に付加価値をつけて販売するとかやってます。

 

 

こういうスキルが腐るほど身につくとやっぱり学んでて楽しいんです。

自分の勉強したことが目に見えて結果になる。

これだけで人生が最高に充実します。

 

 

4、主体性が身につく・オリジナルの存在になれる

 

大学生はついつい常識に流されて受け身になりがちです。

 

受け身だったらマジでいいことありません。

この時点ではまだあなたは社会の中で、何者でもありません。

タダの歯車です。

 

 

自分から何もできないなんて

典型的な日本人としてしか扱われません。

 

自分から

「僕は一般ピーポーです。大学卒業後はみんなと一緒に勤勉な日本人として働き続けます。」

ってアピールようなもんですからね汗

 

 

何者でもないあなたが、何者かとして生きるなら、

自分から動く必要があります。

 

それができなければ、日本社会のツールになるだけです。

歯車の一員から将来抜け出したいなら、

何者かになるべきだと思っています。

 

それで一番早いのが情報発信して自分をブランド化する力を養うことです。

 

 

将来への虚無感だってビジネスすれば余裕で解消できます。