カテゴリー:大学生
  • 大学生
早稲田生の僕が感じた早慶レベルの大学に行くことのメリット

しょぼいブロガー・マーケターのさくです。

 

今回は僕の母校早稲田大学とそのライバル慶応義塾大学についてのお話しです。

 

世間一般では、高学歴、私学のトップと称される早稲田慶応ですが、

このレベルの大学に入ってよかったなーって思う

 

 

メリットを5つほどお話ししていきます。

 

知名度が超高い=モテる・ちやほやされる

 

日本の大学の名前挙げてみて?と聞かれれば

 

東大京大早稲田慶応の名前が出てこない人はいないのではないでしょうか。

 

 

 

どんな田舎でもこの4つくらいは知っているはず。

 

現に僕の地元でも早稲田を知らない人はいませんでした。

同級生も地域のおじちゃんおばちゃんもです。

 

 

 

しかもどんな人でも早慶がすごいってことを認知しています。

 

 

 

「早慶ブランド」って感じです。

 

みんなすごいって知ってるから、チヤホヤされるわけです。

 

学歴を言えば、地元の同級生とかも一目置くわけですし、

いい意味でフィルターがかかった状態で僕のことを見てくれます。

 

これに関しては学歴でマジで得しましたよ(笑)

 

知名度が高い=信頼につながる

 

「早慶=優秀」

 

というイメージが世間に定着しているので、

それだけで一定の信頼を手に入れることができます。

 

 

勉強ができる≠優秀ではないですが、あたかも優秀であるかのように感じてもらえる。

 

これを「錯覚資産」

 

という風に読んでいます。

 

TOEICの点数が高いと、英語しゃべれるわけじゃないけどなんか英語できそうみたいな感じに受け取ってもらえますよねw

 

あれと一緒です。

 

 

 

「早慶」はこの錯覚資産の価値がめちゃくちゃデカいです。

 

 

変わった事業やるときにも

「早慶卒だから何か考えがあってやっているんだろう」

見たいなこと考えてもらえます。

 

 

 

 

OB・OGがバカほどいる

 

早稲田大学は年間一万人の入学者を擁する超マンモス校です。

慶応はその半分の4000‐5000人くらい。

 

どちらの大学も他と比べれば、圧倒的に学生数が多いです。

 

 

早稲田には稲門会・慶応には三田会というOB・OG会があり、卒業後も各大学の出身者と強いつながりを持つことができます。

 

 

 

さらにOBは全国各地にいるため、それぞれがそれぞれの地で「早稲田出身」「慶応出身」というだけで仲間意識が生まれ、これが、会社で「学閥」を形成します。

 

学閥があると、出世で有利になったり、優遇してもらえたりということがあるそうです。

 

 

ちなみに、地方にも学閥って存在します。

 

僕の叔父も早稲田卒ですが、彼も地方で働いていて、学閥の存在を痛感したそうです。

以前話した時に、県の有名企業のうちのどこが早稲田閥でどこが慶応閥でどこが一橋閥なのかみたいな話をしてくれました。

 

 

 

 

すごい人が身近にたくさんいる

 

周りで優秀な人が多い。とにかく多い。

 

難関大の試験を打ち破ってきただけあってとにかく優秀な人が多い。

 

 

株で億稼ぎながら、昼は学生、夜はDJとをやっている先輩だったり、

音楽極めすぎて音楽雑誌から音楽機材のレビューの仕事をもらう学生だったり

 

 

レーベルと契約してプロとして音楽活動した後に、一年で大学合格して、今度は格闘技でプロになった人だったり。

 

大学行かずに週6でホストやってるやつだったり。

ギネス記録保持者だったり。

特許持ってるひとだったり。

 

とにかくすごい人・変な人たくさんいます。

 

 

そんなすごい人が周りにたくさんいる環境だから、いい刺激がたくさんあります。

 

 

逆に、周りにバグった奴が多すぎて少々変わったことやっても、異端視されずコンテンツとして受け取ってくれるという事もメリットです。

 

だから臨機応変な考え方ができる人だったりとか生まれやすいのではないでしょうか。

 

 

就活に有利

 

早慶ブランドの魅力は何といってもここではないでしょうか。

 

OB・OGの社会への影響力もあり、

就職が超強いらしいです。

 

 

確かに、さっきの早稲田卒の叔父も最初は産経新聞に入社していたし、

サークルの先輩もメガバンクに就職決まってました。

 

 

OB・OGの卒業生リストが学校にあり、有名企業でもOB訪問しやすいというメリットもあります。

 

 

 

学歴がコンテンツにできる

 

受験ってコンテンツとしてとても優秀です。

 

受験のエピソードを書いていけばサクセスストーリーになるし、

東大落ち早稲田でも挫折のエピソードとして語ることができます。

 

 

一定期間努力した事って人に説明できるし、感動を共有できるし、感情を動かせる。

その一番お手軽なものが大学受験。

 

早慶レベルになると、サクセスストーリーのゴールがめちゃくちゃ高いので、

超絶成功したエピソードとしてのコンテンツ性があります。

 

努力をコンテンツにする例の典型ですね。

  • 大学生
大学つまらないなら今すぐブログで起業してネットビジネスしたら?

 

 

こんにちは、さくです。

 

この記事を書いている現在、

ぼくは早稲田大学の現役の学生でサークルと両立しながらマーケティングを勉強して、情報発信しています。

 

ブログはその情報発信の一環として行っており。

他にはツイッター、youtube、メルマガ、独自教材など幅広いメディアを運営しています。

 

今でこそ情報発信に巡り合えて人生楽しいですが

大学に入った当初は大学がつまらなくてしょうがありませんでした。

 

「何のために行ってるんだろう」

 

「こんなことで4年間無駄にするのか・・・」

 

そんなことを思っていましたが、

今は、ビジネスしてサークルとも巡り合えてマジで生活が有意義です。

 

こんな

僕が考える人生つまらない大学生がネットビジネスすべき理由についてお話しします。

 

 

 

1、金稼げる

 

 

ネットビジネスの醍醐味と言えばこれではないでしょうか

 

 

金稼げます。

 

僕は、大学生ながらにして月30万を稼いだ実績があります。

 

しかも労働という時間的拘束を受けずにです。

アルバイトだけしてたら普通はこんな話全く考えられないと思います。

 

 

 

バイトめちゃくちゃやってるけどこれ何の意味あるの?

とか思ったことある人いるのではないでしょうか。

 

 

 

ただ毎日同じことの繰り返しで、接客して、皿洗って、、、

この時間に意味を見出せない人もたくさんいます。

 

バイトをするのが当たり前という風潮に

僕は全く理解できません。

 

詐欺とかはダメだけど、金かせげりゃ何でもいいじゃん。

 

 

 

 

労働せずに30万も稼げるなんて想像できないかもしれませんが、ぼくのやっていることって何も難しいことはありません。

 

ただ、学んで実践しただけです。

これを延々繰り返す。

これだけです。

 

バイトやりたくなくてネットビジネスをはじめたというのも理由の一つです。

 

 

ビジネスやることで、

時間的自由が生まれるし、

単純作業に飽き飽きすることもなくなるし、

家に帰ったらヘトヘトということもなくなります。

 

バイトが奪う人生の中でも若いうちにしか手に入らない貴重な時間を

有意義に使うことができます。

 

 

 

日本の教育は残念ながら起業とか、経営を選ばせないようなシステムになっていると思います。

これは間違いないと思っていて、国語でも勤勉さをテーマにする題材が扱われたり、

英語も知識至上主義だったりと、

 

実践に落とし込みにくいことばっかり学んでいます。

こんなんじゃ主体性ないんて一ミリも身につかない。

 

 

そうじゃなくて、教育で学んだ世界とは別の世界なんて無限にあることを知ってほしい。

そういうものがあると教育されてないだけで存在しています。

空想でもなんでもないです。

 

 

労働以外でお金を稼げる常識の外の世界を知ってください。

 

2、新しいコミュニティに入れる

 

バイト仲間、サークル仲間、授業の友達という風に大学に入学してからはたくさんのコミュニティにかかわることになります。

 

 

そんなコミュニティはネットビジネスの世界にも存在するのです。

 

 

情報発信者側の交流。

自分の読者との交流。

 

大学のノリはつまらんとか、サークルの友達といてもなんかそりが合わないし、一緒にいても楽しくないというあなた、

ただ大学に行ってるだけでは味わえないようなコミュニティが

あなたを満たしてくれるかもしれません。

 

 

なれ合いなしのシビアな世界だと思っていますが、互いに高めあって成長できます。

 

 

 

3、学ぶことの大切さを知れる、てか学ぶことが楽しくなる

 

大学の勉強がクソつらい。

教授の話は長いし、90分という大切な時間を興味関心のない講義に費やさなければならない。

もうメンドクサイ。めちゃ分かります。

 

これ勉強して何の意味があるんだろう。

 

 

 

勉強しても使えないしどこか他人事な感じがするというか、、、

自分の将来のために勉強するというよりは、

試験で単位をとるために勉強しているというような感じがしていました。

 

 

これなんでつまらないかって考えたら、

いくら関心があっても、

生涯必要なスキルを学習していないからつまらないんじゃない?

って思います

 

しかしネットビジネスで学ぶことって大学で学ぶような机上の空論とは180°違います。

 

勉強すればした分だけ金になって、

どんどん希少な存在になっていきます。

 

 

・生涯において必要なスキル

・学べば学ぶほど金になる

・しかも実践者が少ないからスキル希少価値が高い

 

 

コンテンツマーケティングや仕組み化について知識を持っている人なんてたかが知れてます。

多分日本では弁護士よりもすくないと思われます。

 

 

 

希少価値が高いから、必然的に収入が高くなる。

当たり前ですよね。

 

僕が今やっているのでは、和紙がきれいに完成しなかったものに、逆に付加価値をつけて販売するとかやってます。

 

 

こういうスキルが腐るほど身につくとやっぱり学んでて楽しいんです。

自分の勉強したことが目に見えて結果になる。

これだけで人生が最高に充実します。

 

 

4、主体性が身につく・オリジナルの存在になれる

 

大学生はついつい常識に流されて受け身になりがちです。

 

受け身だったらマジでいいことありません。

この時点ではまだあなたは社会の中で、何者でもありません。

タダの歯車です。

 

 

自分から何もできないなんて

典型的な日本人としてしか扱われません。

 

自分から

「僕は一般ピーポーです。大学卒業後はみんなと一緒に勤勉な日本人として働き続けます。」

ってアピールようなもんですからね汗

 

 

何者でもないあなたが、何者かとして生きるなら、

自分から動く必要があります。

 

それができなければ、日本社会のツールになるだけです。

歯車の一員から将来抜け出したいなら、

何者かになるべきだと思っています。

 

それで一番早いのが情報発信して自分をブランド化する力を養うことです。

 

 

将来への虚無感だってビジネスすれば余裕で解消できます。

 

 

 

 

 

  • 大学生
学歴コンプレックスをこじらせた大学生こそ情報発信しないと損

 

 

大学受験失敗して経験する人が多い

「学歴コンプレックス」

 

 

 

何を隠そう僕も大学に入学した当初は学歴コンプに陥っていました。

 

 

「劣等感を抱えて死にそう」

「○○大学を卒業できないから人生ムダ」

「○○大学以外は大学じゃない」

「この大学は就職に不利だから人生終わった」

 

 

 

学歴コンプを抱える人の多くは劣等感に押しつぶされそうになりながら、

行きたくない大学に通うことになるのです。

 

 

 

だけど、

転入?仮面浪人?そんな勇気はない。

親にも反対されるし、それよりも成功する自信がない。

 

 

 

そんなあなたに提案するのが、

ネットで情報発信するという道です。

とりあえずブログやれってことです。

 

 

 

情報発信をやるメリット

どうして資格試験でも留学でもなく情報発信なのか?

 

なぜやるべきなのか?

 

 

この辺をさくっと書いていこうと思います。

3分くらいで読めて、しかも今日からあなたの生活を変える可能性もあるので

学歴コンプこじらせた人必読です

 

 

 

学歴コンプは他のことを極めることで緩和される

 

 

ズバリ言いますね

学歴コンプの根本的な問題は

 

「学歴がないこと」ではありません。

 

「学歴がないことに対して本人が劣等感を抱いている」

 

 

というところに本質があります。

 

超簡単に言えば、

気にするから気になっちゃう

ってことです。

 

だから気にならない人は気にならないし、

 

むしろ誇りを持っている人もいる

 

 

 

本人のものさし次第ってことでしょうか。

 

 

ちょっと僕の話をします。

 

 

僕は落ちこぼれ時代からめちゃくちゃ勉強して

現役で早稲田大学に合格しました。

 

 

早稲田といったら世間一般では素晴らしい大学、

慶応と並び私学のトップと称されるような大学です。

 

 

 

当然周りの人からは称賛されます。

 

「さく天才やん。すげえ!」

「早稲田なんか絶対俺は入れないわ、頭いいんだね」

 

みたいな。

 

 

はたから見たら確かにそうかもしれません。

 

 

 

だけど、

ぼくはコンプレックスを抱えていました。

大学受験にはそこそこ成功したのですが、

僕は

「学部間コンプレックス」を発症させたのです。

 

 

 

早稲田といったら有名なのは

政治経済学部ですよね

 

僕はそこには通えずに、

政経があるキャンパスの

 

他の学部に通うこととなりました。

 

 

やっぱ早稲田って言ったら政経ってイメージが強いのでしょうか、

 

 

 

地元で大学名をこたえると、

 

「早稲田の政経?」

 

って聞いてくるし、

 

 

サークルで初対面の人に対して政経の人がいると引け目を感じてしまったり、

 

自分が早稲田の中でもトップの学部である「政治経済学部」でないというそれだけで劣等感を抱いてしまっていたのです。

 

 

 

他にも入学当初は、

コミュ障で自身がもてなかったりだとか

地元がド田舎だったから都会出身者に対してコンプレックスを持っていたりとか、

やっぱり所得面では田舎よりも都会の方が高いから、

金持ちコンプレックスもこじせたりしました。

 

 

 

気にしてない人にとっては

「こんなもんクッソどうでもいいじゃん」

 

 

って思うかもしれないけど、僕にとっては大問題だったんですよね。

 

 

で、今なんで劣等感に浸ってるんだっていう風に考えると、

 

「自信がないから」だっていうことが分かりました。

 

じゃあ他の人のやってないようなことで、

しかも自信につながることやればいいじゃん。

 

 

って考えて始めたのがネットを使った副業です。

 

 

お金も稼げるし、話のネタにもなるし、

何より行動を実際にしているから自信もつきました。

 

 

どうして資格や留学よりも情報発信をすすめるのか?

 

 

あくまでもこれは持論ですが、

何かのコンプレックスを抱いてしまったら、

それを塗り替えるだけの自信が必要だとかんがえています。

 

 

いわば他の分野で圧倒的個性があれば、

コンプレックスを克服できるっていうことです。

 

 

じゃあそう考えた時に、

留学は?資格試験は?

 

って考えると、

 

 

  • 成果を目に見えるものとして実感しにくい
  • まずやっている人が多い

 

 

っていう特徴があります。

 

これはせっかく行動しても、

周りにもやっている人が少なくないからどうしても埋もれてしまいがちになる

 

 

さらに

留学だと結果が見えにくいし、

資格試験は結果が出るまでが長い

 

 

って考えていて、圧倒的自信を得ないといけないとなると、

どうしても他にいいのがあるんじゃないかって感じて、

行きついたのがネットを使った副業でした。

 

 

 

学歴コンプレックスから克服できるネットビジネスのメリットとは?

 

 

さっき説明した通り

学歴コンプをはじめとするコンプレックスを解消するための方法として、

僕は他人にはない個性を身に着けようとするのがベストだと思っています。

 

 

資格試験や留学は

 

・やってる人がおおいから個性になりにくい

・留学は何が結果が見えにくいし

・資格試験は成果までに時間がかかる

 

 

 

それに比べて情報発信をはじめとするネットビジネスのメリットは、

 

 

・やってる人がまず少ないからやってるだけで差別化意識を持てる。

・実践的なことに直接触れられるから、単純に実力が付く

・しかもお金を稼げる

 

などなど、

普通にいいことしかありません。

 

 

そして最大のメリットは

 

今すぐに始められるということにあります

 

本気になれば今すぐに勉強できるし、今からブログ開設できます。

月額1000円でワードプレス使えます。

 

 

僕もそうでしたが、

自信ない人って行動が遅い傾向にあります。

完璧主義になりがちです。

もうミスりたくないって思ってしまいますよね。

 

 

 

これは周り見ててコンプレックスこじらしてる人も大体は当てはまります。

 

 

やんなきゃなと思っててもやんないみたいな人をたくさん見てきました。

 

 

 

劣等感は行動の原動力になりますが、

それ以上に臆病になっている人が多いものです。

 

 

 

だけど、ブログならとりあえず作れる。

 

人に会わなくても作れる。

ネットにも作り方なんてたくさん載っている。

ネットにつながる環境があれば今すぐにでもつくれるのです。

 

 

これって超すごいことで

バイトするなら人に合わないといけない。接客するし、面接もある。

 

 

これが負担になる人もいます。

 

ぼくも飲食店の面接落ちたことある。

 

だけど、ブログやツイッターで情報発信をしていけば、

人に会わずにできる。

 

やっていくうちに自信がつくから、

これまでハードル高そうだなと思っていたことにもどんどん挑戦で着て、クリアできるようになると思っています。

 

 

 

 

コンプレックス克服のため、自信をつけるため、劣等感をぬぐいさるために、

ぜひ新しいこと、挑戦してみてください。

 

 

特にブログなど情報発信は

 

 

・やってる人がまず少ないからやってるだけで差別化意識を持てる。

・実践的なことに直接触れられるから、単純に実力が付く

・しかもお金を稼げる

・今すぐに始められる

・実力が付くから自信になる

 

とメリットまみれだよ!

だからオススメです。

 

 

 

もう一押し!

この記事も学歴コンプで悩んでいる人の手助けになるはずです。

 

 

大学つまらないなら今すぐブログで起業してネットビジネスしたら?

 

 

https://sakusaku001.com/daigaku-blog/