カテゴリー:ブログの記事一覧

しょぼいマーケタ―【さく】が常識をぶっ壊します

しょびいコンテンツから始めるガチガチに固めた自由へのストラテジー

カテゴリー:ブログ
スキマ時間に徹底的に勉強に集中したらムダな時間が超絶少なくなった
  • 投稿 2018/09/26
  • ブログ

 

 

時間ってめっちゃ大事なのに、

誰しもがついついないがしろにしがちですよね。

 

 

 

 

 

時間って有限なのに人生ってあまりに長いから無限だと勘違いしてしまう。

 

 

 

無限にあるから少し無駄にしてもいいだろう、これがつもりに積もって、

とりかえしのつかないくらい大きなロスが生まれる。

 

 

 

 

 

そんな経験今までに何回もしたことあります。

 

テストでコツコツやらなかったから、期末試験前夜に参考書に埋もれて一夜漬けしたり、

期限まで十分時間があったのにプレゼンを作るのがギリギリになってバタバタ担って苦労したり、

こんな経験ないでしょうか?

 

 

 

 

 

これは期限までの時間の使い方がめっちゃ下手だから起きちゃうのです。

 

ビジネスでも受験でも時間をかけられる人が制すといいっても過言ではないので時間ってめっちゃ大事なのです。

 

 

 

今回お話しする内容はまとまった時間をとるのが苦手な人・できない人に向けて時間をどうやって捻出するか僕の思考法を公開していこうと思います。

 

 

1日のうちに何もしてない時間どのくらいありますか?

 

あと10分で家を出なきゃいけない時微妙な時間とか、

寝る前にスマホをいじる時間とか、

昼休みとか、

バイト始まる前の時間とか、

通勤の時間とか、

 

 

 

 

僕たちの生活には、こま切れでとても小さい時間が結構たくさんあります。

 

 

何気なく生活しているから気づかないだけで、

一度生活を洗ってみると、

マジでありえないくらいボーっとしてる時間だったりとか、

ツイッターいじいじしてる時間とか存在します。

 

 

 

 

普通に考えるとこの時間ではビジネスの作業を進められないと思いがちです。

YouTuberの動画見たりとか、

インスタのストーリーをチェックしたりとか、

ツイッターでネタツイしてみたりとかこういう時間の使い方をよくしてしまいます。

 

 

 

だけどこの時間ってつもりに積もったらたった1日でも30分とか1時間、

下手したら3時間とかに余裕でなっています。

 

 

これはマジででかいです。

 

 

 

「時間がないんですー」と悩んでいる人はこういう時間こそ有効に使わないといけません。

時間をビジネスがうまくいかない言い訳にするのはなく、捻出をしていきましょう。

 

 

 

僕にとってツイッターは時間のムダだった

 

 

僕の生活の中での使用可能な時間は

 

・通学、通勤の移動時間

・朝のトイレ、ご飯の時間の前後

・昼休み

・ヒマな授業の時間

・バイトに早くついてヒマな時間

・帰った後YouTube見てしまう時間

・寝る前のだらだらする時間

 

 

こんなかんじでした。

 

 

 

 

軽く見積もっただけでも4時間くらい使用可能な時間がありました。

 

ぼくはこの時間を徹底的に利用しました。

 

 

 

 

ただ利用といってもブログ書くことは不可能なので、

勉強にあてました。

この時間でノウハウを徹底的にマスターしよう。

 

 

 

あとは記事のタイトルや見出しを考えて、

メモする時間に使ったりもしています。

 

 

こま切れの時間を利用するなら音声学習が最適です。

 

 

 

 

購入した音声教材を聞きまくって、全部10回以上聞いてます。

何ならその教材はまだ今でも聞いています。

 

徹底反復です。

 

 

音声だから、移動中でも利用できたし、何より、両手を開けることができるので、

ご飯でも、トイレ中でも聞いていました。

まじで反復。

 

 

この反復を繰り返すことによってだんだん知識も増えてきて、

ブログネタにも困らなくなるし、

何より時間を有効に使えているので、

モチベーションが高くなります。

 

 

 

「時間がない」事をビジネスがはかどらない原因にするのではなくて、

「時間を見つけてやろう」くらいの気持ちでぶつかっていけば、

時間も増えるし、モチベーションも高まる、だから継続力も付くっていういいサイクルの中に入ることができますよ。

 

【テレビ不要論】無駄だと思って断捨離したけどテレビ必要なかった
  • 投稿 2018/09/16
  • ブログ

 

こんにちは、さくです。

 

これは実家に帰ってテレビを見て思ったことをつらつらと書いています。

3か月ぶりくらいにテレビを今見ました。

久々にみれて面白いな、という反面やっぱりテレビって生活にいらないなという風に思います。

 

 

僕はテレビ、日常生活の中に不要論を提唱しています。

 

ただいま一人暮らしですが、テレビは部屋に置いてないですし、持ってもいません。

 

 

 

テレビなしの生活を想像できない人は絶対に多いハズです。

テレビのない生活なんて寂しいし、何より暇じゃん

 

そう思うのもわかります。

 

だけど僕の生活はテレビを日常的に見ている人よりも絶対に豊かです。

 

 

テレビのない生活のメリット、デメリットを紹介していきます。

 

 

テレビのない生活はここが不便

 

 

テレビなしの生活=よりシンプルな生活です。

これはテレビのある生活よりもムダが少ないということです。

 

ただテレビのない生活がメリットしかないかといわれるとそうでもありません。

 

 

ネットが台頭してきた時代とは言え、テレビはいまだ新聞と並び、我々日本人の大きな情報収集源となっているのは変わりありません。

 

 

情報の質としてはとても低いですが、

テレビでニュースをつけっぱなしにしていれば「それなり」の情報を得ることができます。

 

 

ところがテレビなしで、特にアンテナを張っていなければ、

「世間をマジでなんも知らない人間」になってしまいます。

 

 

 

 

つけっぱなしでニュースを知ることができるという点では、

テレビがない生活はとてもデメリットかなって思います。

 

 

しかもテレビは時間をリアルタイムに反映している=割と新しいニュースばかりをしれるので、トレンドを知ることが簡単です。

 

 

 

特にドラマネタとかはテレビでないとリアルタイムで得ることはできません。

 

話についていけないってことが何回かありました。

「へーそうなんだぁ」

 

 

 

って感じで流す事もしばしばです。

 

 

あとはテレビがなくなるとテレビを見て暇をつぶそうということができなくなります。

 

朝起きたらとりあえずテレビつけるということができないため、

まあヒマなときはヒマ。

 

そして何でもいいからテレビをつけてないとめっちゃ静かなので、夜ごはんのタイミングはちょっと静かすぎて辛いです。

 

寂しさを紛らわせるということが

 

 

それでも僕にはテレビはいらない

 

 

テレビのない生活のデメリットは

  • ニュースを知れる機会が減る
  • トレンドが分からない
  • ヒマつぶしができない
  • とてつもなく寂しいときがある

 

 

こんな感じです。

 

デメリット上げましたが、テレビのないデメリットなんてこんなもんです。

たかが知れてます。

 

肝心のメリットの方が多いので、僕はテレビを必要とせずに生きていった方が絶対に人生豊かです。

 

 

時間が増える

 

 

「とりあえずテレビ」の習慣から脱却すると恐ろしく時間が増えます。

 

自由に使える時間ベースで考えたら倍以上は余裕で違いますね。

そうすると、本来「やらないといけない」「やりたいこと」ことへ回せる時間も確保できるので、生活にゆとりを持てるようになるという利点があります。

 

 

時間の有限性を意識できる。

 

テレビをみて何となく時間を過ごしたことよりも、

テレビなし生活でテレビ以外のことで時間を浪費したことの方が、

 

時間の無駄遣いに対する罪悪感がより強くわきます。

 

 

 

 

テレビなし生活では時間に対する感度がめちゃ高くなる。これはマジ。

 

情報源でもあるけど時間の浪費ツールでもあるテレビ一つなくなっただけで、

「何しているかわからない時間」

が大幅に減って、使える時間が増えます。

 

 

 

 

思考停止してても情報が入ってくる時間を半強制的に減らせるし、マジでただボーっとしてる時間ってテレビをみて無駄にした時間よりも、時間の無駄を実感できるので、

 

 

 

テレビをなくせば、

「活動しなきゃ!」という意識を無理やりうみだせました。

 

 

 

時間が増えるだけでなく、

5分、10分のスキマ時間をどう生かそうかをもっと考えられるようになるのもテレビなし生活の魅力です。

 

 

趣味ができる

 

今趣味がない人もテレビをなくせば趣味に多くの時間を当てられます。

 

このブログだって時間があるから書けてるのです。

 

 

 

 

それと音楽を聞く時間を僕は増やしました。

これまでコブクロとかスキマスイッチとかフォークソング系が好きだったのですが、

KISSやレッチリ、クラプトンといった洋楽を聞く時間も増えたし、

 

 

 

 

ギターで聞いた曲のコピーをすること時間も増えました。

 

時間があるから曲のフレーズを考えてみる余裕もできました。

作曲頑張ってます。

 

 

 

自分から情報収集する癖がつく

 

テレビをつけっぱなしで入ってくる「それなりの情報」が大多数の人の情報のメインですが、

テレビがない僕はネタを自分から収集しないといけません。

 

例えば新聞を読むし、本も読みます。

 

ネットから情報を仕入れることも最近は多いです。

 

 

 

 

 

 

分かったのはテレビの情報って結構操作されてて、

 

テレビを見ていると僕たちは

 

「世間を大方は理解した」

 

という感覚に陥りがちですが、

実際そんなことはなくてTVの枠では放送されない事実に触れたり、

そもそもテレビのご意見番の背景知識の間違いに気づけたり、

 

 

こういう思想もあるんだ!と新たな発見をしたり

 

情報収集能力に関してはあえて主要なテレビを排除することで、

皮肉なことですが、一皮むけることができます。

 

 

 

最後に

 

いきなりテレビの時間をゼロにするのはまあ不可能です。多分。

禁煙と一緒ですね

 

 

だけどちょっとずつ、テレビをつけっぱなしにする時間を減らしてみると、

いかに自分がテレビに依存しているかがわかるとおもいます。

 

 

それを乗り越えてテレビを見る時間をゼロにする、

もしくは必要最低限にすれば、

間違いなく、人生に変化をつけられます。

 

 

 

人それぞれだと思いますが、

僕はテレビをなくして人生は確実に豊かになった。

今の生活変えたいなんてあなたはぜひ行動してみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

 

僕、さくは何を目指すのか?現代で自由をつかむための理念を紹介する
  • 投稿 2018/08/31
  • ブログ

 

 

どうもこんにちは、さくです。

 

 

僕のネット副業への挑戦は18歳。

投資から始まり、トレンドアフィリエイトなど、

様々なノウハウをかじっては辞めてを繰り返す、

いわゆる「ノウハウコレクター」でした。

 

 

 

 

 

 

ですが、今は情報発信をメインの軸にし、

他のブログに記事を書いたり、

リアル店舗のネット集客を担当したり、

ツイッターや動画投稿なんかをしてます。

 

 

 

 

 

 

私、さくが情報発信をしている目的は。

 

 

これまでの常識にないような

新しい生き方をぜひ皆さんにも紹介したい

 

 

 

このように思っているからです。

 

 

その理由=理念は最後に話すとして、

「いやまずお前誰だよ?」

「さくって何者なんだ?」

って思っている、始めましてのかたもいるともいますので、

まずは自己紹介をしていきたいと思います。

 

 

 

失敗50%成功50%の平凡な人生、さくの歴史ストーリー

 

 

僕は現在大学生で早稲田大学に通っています。

今でこそ、早大生、ネットビジネスしているってことで、

 

「元々才能あったんでしょ?」

 

 

 

みたいに思うかもしれませんが、

僕だって幾度となく失敗を繰り返し、挫折も味わいました。

 

きっかけがなければ至って普通の人間です。

挫折しても、きっかけがあって努力して、今の自分がいると思っています。

 

僕が味わった人生最大の挫折は2つ

そしてそれを乗り越えたきっかけは2つ。

 

・祖父が亡くなった話と大学受験

・ビットコインで37万溶かした話とネットビジネス

 

 

この2つをメインにお話をしていきたいと思います。

 

 

 

挫折ストーリー1・祖父の死。早稲田合格へのストーリー

 

 

15歳。高校生のだったさく話です。

 

僕は勉強ができなかった。

恐ろしく勉強ができなかった。

 

僕は、中学は「マジメに」勉強していたから

県内では有名な高校に入れました。

いわゆる自称進学校

 

そこでも、

「勉強頑張って、いい大学行ってやる」

 

って意気込んでいたところ、

 

入学後最初の模試で、見事偏差値49を獲得。

 

超恥ずかしい。人には成績の話をせずに、

頑張ってごまかすみたいな人間でした。

 

クラスでビリをとったこともある。

 

 

 

「このままでは地方のFランク大学か頑張って県立大学しかいけないよ」

 

先生にこんな警告をされても、

なにも勉強しない。ダメダメ高校生の典型でした。

 

 

そんな僕が変わったきっかけは、

祖父の死。

 

でした。

 

高2の冬です。

 

おじいちゃんっ子だった僕は、

後悔をしていました。

 

「何も孝行してなかった」

 

本当に悔やまれます。

 

送り迎えしてくれたり、一緒にそばを食べに行くくらい仲良かったじいちゃんの死。

 

 

今の僕に何ができるかと考えた時に、

できるのが、大学受験で飛び切りいい大学に行くことでした。

 

「孫が大学に入学するのを見るまではいきたい」

 

お酒の場で常日頃からこう言っていたじいちゃんに今の僕ができる唯一の孝行は

 

「大学合格」

 

でした。

 

亡くなってから1週間くらいはショックで何もできなかったですが、

その後すぐに気持ちを切り替えて、勉強開始。

 

 

学校サボって金土日で英単語1200個覚えたり、

学校で一年かける文法を30日で終わらせたりという偉業を達成し、

 

高3の最初の模試で学年2位をとれました。

 

 

継続力が身に付き、

その調子で勉強に力を入れ、見事合格しました。

 

僕のベースとなる思考法の基礎はここで身についたと思っています。

 

 

 

挫折ストーリー2・37万を溶かしたビットコイン

 

 

大学入学後、また再び大きな挫折を味わいます。

 

 

周りの人間があか抜けていて、友達が全くできなあったということです。

 

ド田舎に住んでいた僕は大学生がこんなにもオシャレであることに驚きました。

新宿は怖いし、

東京駅周辺はスタイリッシュでかっこいいし、

表参道はおしゃれだし、

 

 

自分に東京の光はまぶしすぎた。

 

 

加えて僕は上京して経済的に苦しくなりました。

貧乏、とても貧乏。

 

 

生活費に吸い取られてまともに交際費も払えなければ、

飲み会にもろくにいけない。

バイトで稼ぐお金だけじゃ全然足りない。

 

 

この状況を何とか打開するために始めたのが、ビットコインでした。

 

もとからいろんなネットで稼ぐ手法を調べたりしていていたのですが、

 

 

 

 

・月収300万稼ぐアフィリエイター

 

・年間6000万の収入があるコンサルタント

 

・月30万くらいの稼ぎだけど、自動で収入が入ってくるサラリーマン

 

 

こんな人が全然余裕でいるわけです。

 

 

 

 

いや、もうすごすぎだろ、

ティッシュ配り超疲れるのに時給1100円なんだけど。

塾で週4で入っても6万しか稼げないんだけど、俺は。

 

 

俺がこんなことしてる間に、ネットで稼いでる人は、

好きなとこに行ったり、好きな服を着たり、

うまい飯を食っているんですよ?

 

 

「ネットで稼ぐ」

という通常ではありえない世界を目の当たりにした僕はどうしてもその世界に片足突っ込んでみたいという風に思ってしまったのです。

 

 

そこで最初にトライしてみたのが、仮想通貨トレードだったのです。

 

始めたのは2017年。

仮想通貨黎明期でした。

 

当時ネットで億り人なる言葉をみかけたり、ブログでどれだけ儲かっているかを書いたりしている記事を見て驚愕したのを覚えています。

 

100万が一億になったとか、5000万稼いだとか

マジスゲーじゃん

 

 

買っておくだけで、どんどん価値が上がる?

将来性があるんだな

 

こんなことを考えて、とりあえず親からもらった大学入学祝の5万ぶち込みました。

 

 

そしたらマジでふえた。

一か月で5000円くらい増えちゃった。

 

「これはいける」

 

そう感じた僕は

さらにもっていた金のほとんどである14万を投入

 

 

ビットコインの価値はどんどん上がって、それに伴い資産もどんどん増えた。

 

 

なけなしの19万から始めたビットコイントレードは

勝ったり負けたりを繰り返しながら、最大で55万までふやすことに成功しました。

 

 

約3倍です。

 

マジで稼げてしまった・・・

俺ほんとはちょっと才能あるのかも??!

 

 

 

だけど、その年末、調子に乗って調べずにトレードしたら、ボロ負けをする音になります。

 

 

一日で14万ほど溶かしてしまうという大失態です。

 

その後もトレードを繰り返すも、一向に勝つことができず、とうとうマックス57万あった資産は20万まで減らししまったのです。

 

 

さすがに元本割れはさせたくない。

と思ってここで、僕のビットコイン生活はリタイアです。

これが2018年2月とか。

 

 

一回痛い目見た僕ですが、

まだネットで稼ぐ夢を諦めてはいませんでした。

 

それだけ、ブログや動画で見た自由な生活は

僕を虜にしていました。

 

 

次に挑戦したのはアフィリエイトです。

 

 

ただし、これはちょっとうまくいったなんてこともなく、挫折に挫折を重ね、

いろんなノウハウを試しては辞めを繰り返す。

「ノウハウコレクター」になってしまいました。

 

 

単純に一つのノウハウを信じて突き進むことができなかったんです。

 

2ヶ月くらい結果の出ないと、その手法に不安を抱き、

 

これじゃダメだ!もっといいのがあるはずと考えたりして、次々に新しいノウハウに目移りしました。

 

ダメダメですね。

稼げない人の典型です。

 

 

方法はどうであれ、評価の高い商材はしっかり継続すれば、

大なり小なりの結果が出ます。

それを途中であきらめてしまうのはとてもよろしくない。

 

資産を積み重ねる手法なら、あきらめちゃえばそれまで積み上げてきた記事や、仕組みはムダになっちゃいます。

だから継続することは絶対に忘れないでください。

 

 

話がそれちゃいましたが、

僕は稼げない人の典型でした。

 

そんな僕を変えたのが、仕組み化という手法です。

 

小手先のノウハウではなく、

いつの時代もすたれることのないビジネスの本質を

ネットに応用したのが「仕組み化」

 

 

出会ったとき、

 

「これだ」

 

と直感的に感じました。

 

 

勉強した内容を記事や動画、ツイートなどのコンテンツにする。

 

価値を見出してくれた人に対して、

マーケティングの王道手法を用いて販売をかける。

 

 

これこそが、身に着けるべきスキルで、

現代で生きるうえで重要な力だと思ったのです。

 

 

いま、情報発信のために、僕は勉強しまくっています。

 

英語、心理学、宗教、社会問題、

大学で学んだことも、日常生活の疑問も記事にできます。

 

 

本がとても嫌いだったのですが、

今は進んで読みまくっています。

 

これまでにない感覚、知識を得るのが楽しくてしょうがないのです。

 

 

そこで得た知識は自分の教養となり、人生を豊かにするし、

情報として人に価値を提供することもできます。

 

 

勉強なんて特段好きではありません。

早稲田に受かったのだってじいちゃんへの孝行のつもりで頑張っただけです。

別にべんきょうが好きなわけではなかった。

 

だけど、今は学ぶことの真の楽しさを実感しているような気分です。

 

しかもマーケティングの法則にのっとっていて効率がいい上に、

ネットの資産が僕の代わりに働くので自動で収入が入ってきて、すたれることのないビジネスである。

 

まさに理想のビジネスです。

 

今僕は、ビジネスをやっていない頃よりも、

人生が豊かで、生活も楽しいです。

 

 

 

 まったく新しい考え方で作る、まったく新しい理想の世界

 

 

こんな感じで僕の2つの挫折とそれを克服する2つのきっかけについての自己紹介をお話してきましたが、

 

 

僕が受験、ビジネスを経験して思うことは、

 

常識って意外とあてにならないんじゃね??

 

ってことです。

 

 

受験にしてもお金を稼ぐことにしても、

僕たちが「常識」だと認識していることは王道ルートでないことが多々あります。

 

 

受験もそう。

独学なんて親に反対されました。

授業を受けることが一番の近道だと先生に言われたこともあります。

 

 

だけど、一向に上がらない成績。

2年間も落ちこぼれでした。

 

ネットで勉強法を超調べて、信じて超実践した。

 

 

超密度の濃い独学を実践したら、

授業をまじめに受けてた頃の僕では考えられないスピードで成長しました。

 

やった参考書は科目ごとにそれぞれ2冊か3冊だけ。

それだけで成績は爆上がりです。

 

 

 

 

ネットもそう。

 

みんながなるべく待遇のいいバイトを探している中、

ネットで稼ぐことを選択した。

 

もちろん周りからは、批判もあった。

 

そんなんやっても儲からないよ?

時間の無駄だよ

 

 

だけど徹底的に調べたから自信はあったし、

勝算があると踏んでいたからめげなかった。

 

実際、ビットコインをやったらあり得ないスピードであり得ない額を稼いだ。

 

 

 

普通は確かに楽かもしれない。

 

みんなと同じくらいの努力で、

みんなと同じくらいの収入がもらえて、

みんなとおなじくらいの生活が手に入る。

 

 

 

発展途上国だったら絶対にありえないことです。

 

フィリピンに海外研修に行っていた意識高い系の知人に、

研修中のリアルタイムなその日の心境や感情を

通話でやり取りしたことがあります。

 

 

今日の生活を維持するためにみんなが遊んでるのに働かないといけない子供たち。

身寄りのないため、暑い中道路わきで横たわり、物乞いしてくれるのを待つ子供。

 

こんなこと日本ではありえない。

 

「私たちが普通だと思っていたことがなんて恵まれてるんだって思って涙が出そうになった」

 

とか言ってました。泣いてはないんかいw

 

 

これも常識が破壊された瞬間ですよね。

 

 

どんなに失敗しても死ぬことがないから、

思考は保守的な方へと流れ進んでいく。

 

いつしか現状を打開するための挑戦を忘れて、

安定を守ることが正義になる。

 

 

安定が常識だと教育されているからだ。

 

 

だけど、安定=理想なんだろうかって考えたら、

僕の答えはNOだった。

 

 

僕は豊かな日本に生まれたからこそ、新しいことに挑戦すべきだと思うし、

勉強しなくても生きていける環境が整っているからこそ、知らないことをもっと知りたいとおもっています。

 

 

 

考えに考え抜いたら、僕の理想は

安定ではなく、自由でした。

 

 

 

現代に生きる僕たちが目指すべき自由とは?

 

 

話を過去に戻すと、

庶民は、ヨーロッパであれ、日本であれ、住むところが決められていました。

職業も自由に決められず、結婚相手も自分の身分と同じものであなければ結婚できない。

農民は農民としか結婚できず、その子は絶対に農民にならなければならない。

 

 

これが封建制という統治制度です。

中世ヨーロッパとか、日本も江戸時代までこれでした。

 

 

 

貨幣経済や資本主義によって、この制度は打ち破られます。

 

だから資本主義のテーマって、

 

「自由の獲得」

 

なんです。

 

 

 

僕たちも資本主義の恩恵を受けていて、

 

住むところも、結婚相手も、職業も自由に選べています。本も手に入る。

親の職業を継ぐ必要もなければ、領主に逆らわないようにびくびくしながら生きる必要もありません。

 

 

資本主義、なんて素晴らしいんだ・・・

 

 

しかし、資本主義国2位の日本では何が起こっているのか?

 

 

これまでの自由を当たり前のものだと思い込むようになって、

人と同じがベストだと教育されて、

死に物狂いで働くことが正義だと洗脳されて、

生きるのに窮屈になっています。

 

 

変わったことをすれば批判されて、

個性のある人間・才能のある人間はすみっこに追いやられる。

 

 

自由を得すぎたが故に、

人は、自由ではなく次第に安定を求めるようになり、

 

窮屈さから向けだそうと努力している人間には

必ずといっていいほどアンチが付く。

 

 

 

僕はこんな世界にはいたくない。

自由になれる権利がある以上、自由を追い求めることができるはずだ。

 

 

資本主義社会にいる以上お金は必要不可欠だが、

 

 

僕はお金のために働くのは「常識」ではあるけど、

それだけが正解ではないと思っている。

 

 

 

働くという行為は自分の時間と引き換えにお金を得ているということだ。

 

 

普通に働けば、あなたの1時間はアルバイトなら1000円

正社員でも1500円程度の価値しかない。

 

しかも、労働の最中は、他のことができない。

時間的、身体的にも縛られるし、

ストレスもたまる。

 

 

労働という価値観では、

 

肉体的にも

経済的にも

精神的にも

自由ではないのです。

 

 

 

だけど、雇われないという選択肢をとれば、その呪縛から解放される。

 

 

今の時代窮屈になったのはインターネットが普及したからだと僕は考えています。

皮肉なことに、インターネットをつかれば、誰でも簡単に起業できて、

自分の価値を無限にすることができるのです。

 

 

 

ネットを使えば、簡単に情報が発信できるし、

続けていればファンがついてくれる。

 

 

しかも自分が発信した情報はネット上積み上げることができるので、

これがいつの間にか資産になって、ネットに僕の代わりに稼いでくれる仕組みを作ることができるのです。

 

 

ただ、お金を得られるだけじゃなくて、

労働する必要もないし、

経済的理由からくるストレスからも解放される。

 

これがネットビジネスの強みだと思っています。

 

 

 

ネットをつかえば、

精神的な自由

身体的な自由

経済的な自由

 

この3つとも手に入れることができるのです。

 

 

 

これが、

現代日本人が追い求めるべき自由であって、

誰もが本当はいきつきたい、理想の世界なんだと思います。

 

 

理想の世界に行きつけば、

 

好きなときに好きな事ができる。

誰にも縛れずに生活できる。

生きることが楽しい。

 

こんな世界が待っています。

 

 

僕はそんな理想の世界に行くために日々、超努力しています。

 

 

この3つの自由がより多くの人に広まれば、

日本は絶対にもっと生きやすい国になるはず。

 

例えば、今は終身雇用で転職は逃げみたいな風潮があるところもあります。

その考えだけで、

「辞めるのは自分が弱いからだ、頑張らなきゃ」

ってなりますよね。

 

この考え一つだけでだいぶ心理的に重荷になると思いませんか?

 

 

 

副業もそうです。

今はまだ副業禁止の会社の方が多いです。

 

稼ぐ手段が会社しかないから、それに依存するしかない。

依存しちゃうから、会社に対して忠実になってしまうのです。

 

だから、こき使われても辞めないし、

会社じゃないところで結果を出している人が妬ましく思えてしまう。

 

 

こんな社会ですよ。嫌じゃないですか??

 

 

そうじゃなくて、転職もありだし、

副業だってあり、こういう考えが広まるだけでも

気楽になるとは思いませんか?

 

きれいごとでもなんでもないです。

 

 

だから僕は情報発信しているし、

共感してくれた一人でも多くの人に僕と一緒に理想の世界に行きたいと思っています。

 

 

まとめると、

 

自由であるからこそ、

「安定が最高」という常識にとらわれずに、

自分で考える力をつけよう。

 

 

恵まれているからこそ、

精神的にも、

身体的にも、

経済的にも、

自由を追い求めるべきじゃん

 

これがこのブログのコンセプトです。

 

自由が欲しいなら、適切な学びに適切な努力

 

 

ここまでいろんなこと話してきました。

プロフィールだったり、

常識は正解じゃないって話だったり、

現代人のための自由についてだったり、

 

 

いろんなはなしをしてきましたが、

 

これだけは知ってほしいってことがあります。

 

行動しないと人生変われない

 

 

ってことです。

 

 

ぼくがこうして情報発信できているのも

勉強して行動したからです。

 

資本主義の世の中だから、

やるのも自由、やらないのも自由です。

 

だけどこれだけは確実に言えるのは、

 

結果を出すまで行動した人は自由を掴めるし、

 

行動しない人や、途中ですぐにあきらめちゃう人は、

自由を掴んだ人を羨みながら、これまで通りの生活をするしかありません。

 

 

産業革命時代もこの法則は変わらなくて、

自分の財産を出して工場を作った人だけが富裕層の社長になれたし、

働いてる方が楽だって思って何もしない人はずっと労働者でした。

 

 

ただ昔と今で違うのは、

ネットがあるから昔より断然簡単に行動ができるようになったこと。

これまでいろんな人が商売をしてわかった、成功法則を簡単に学べるようになったということ。

 

 

どんな人にでも

適切な方法を知るチャンスがあるし、

適切な行動をとるチャンスがあるのです。

 

 

 

変わるのには才能がいる時代はもう終わっていて、

変わろうとした人だけが変われるし、

成功しようと努力した人だけが成功できるのです。

 

 

羅針盤も地図も船も用意できます。

後は航海をする覚悟があるのか、それだけです。

 

最初は怖いかもしれませんが、

一年も継続すればすぐに結果なんて出せます。

 

 

一年あれば、余裕で人生変えれます。

 

 

何から始めたらいいのか?教えます!

 

 

初心者ならまずは、僕のコンテンツを読むことをオススメします。

メルマガとブログがおすすめです。

 

 

思考法に関してはトップレベルにまとまっているという自信があります。

 

 

 

徹底的に反復してください。

 

 

 

そうすれば、僕の思考法とかポリシーを頭ん中にぶち込めるし、それを自分の言葉と自分の意見で発信したら、コンテンツとして今度はあなたが誰かに価値をとどけることができます。

 

 

 

メルマガでは情報発信する上でブログでは書けないような深い内容をお届けしています。

こいつも何回も何回も読みまくりましょう。

 

 

 

自分の血肉にして思考法とかマインドを強化しちゃいましょう。