カテゴリー:ブログ
  • ブログ
なぜ僕は仮想通貨やFX・株ではなく「メルマガ」を選んだのか?

 

 

 

僕はかつて18歳から19歳にかけて

仮想通貨トレードをしていました。

 

 

 

我ながら18歳にして仮想通貨に手を出したのは先見の明があったと思います。

みんなが怪しいと言っていたビットコインに手を出して見事その時は利益を出せていました。

 

 

 

初心者ながら「それなりに」勉強して、

トレードする時はバイト代くらいの利益は出せていました。

 

 

 

多いときには月30万くらいの利益を出せていました。

 

 

 

 

 

当然周りからは仮想通貨でお金稼いでる人なんていないから、

「すごいよね!俺は絶対できないわ」

 

 

みたいな事を言われてちょっと異端な存在でしたが、

 

僕としてはトレードは辛くて辛くてしょうがなかったです。

 

 

・なぜトレードがつらかったのか?

・トレーダー→ マーケターになった理由は??

 

この辺のお話をしていこうと思います。

 

 

 

仮想通貨トレードをしていたころ、精神がズタボロになった話

 

僕が扱っていたのは仮想通貨投資でした。

 

何で知ったかといえば、

弟ば母親の名義で作ってあった口座でトレードしていたからです。

 

 

 

 

当時仮想通貨黎明期。これからの伸びしろに乗っかった我が弟は何と

 

半年いかないくらいで資産を12倍に増やしたそうです。

 

 

当時中学生の彼は残念なことに50円から始めたので600円にしかなりませんでしたが、

倍率で聞くととてつもなくやばいと我が弟のくせに感心してしまいました。

 

 

彼は正真正銘の天才でした。

 

情報感度が高く、行動力がありました。

趣味に関しては、のめり込みがすごく、継続力もあったと思います。

 

 

彼の成功体験はマインクラフトというゲームで実況を作れば1万回再生位されたそうです。

勝てねえ・・・

 

趣味も多彩で、その中の一つが仮想通貨でした。

なんてませてるガキなんでしょうか(笑)

 

 

弟の存在で仮想通貨の存在を知った僕ですが、

 

「弟までとはいかないまでも自分もお金が欲しい!」

 

と考え、

怪しいものではないかを徹底的に調べました。

 

情報収集の結果、安全で、むしろ伸びしろがあると判断して、そのままゴー。

 

 

自分なりの方法でやってましたが、

仮想通貨バブルということもあって一か月で30万ほどの利益を上げました。

 

 

 

これだけ聞けばすごいかもしれませんが、

 

 

この間僕は、下がったらどうしようとPCの画面にできる限りずっと張り付いていたので夜も眠れず、

 

 

 

より勝ちを確実にするためにいろんな情報を手に入れようと、

いろんな人のブログを見まくってました。

 

 

 

何をするにも今損してないだろうか・・・と

ビットコインの価格を常に気にする人でした。

 

 

 

デート中も気になってしょうがなかったし、

彼女との浅草デート中に2万以上のもうけを出したこともあるし、

 

逆にデート帰りに3万負けたこともあります。

 

 

 

 

ベッドの上で決済とか・・・

 

デートも全然楽しくない。

 

トイレに行ってビットコインの価格を確認、

移動平均線と一目均衡表で売り時を見計らう。

 

 

 

ある種、仮想通貨依存症みたいになっていたのかもしれないです。

 

 

投資の結果に一喜一憂して、

無駄な損切をして後悔して、

また投資して、

夜遅くまでPCの画面に張り付いて、

ブログをずっと調べて、

 

 

利益が出ても、心は休まらないそんな状態でした。

ただただつらいこんなのお金が手に入っても精神的なゆとりは一切生まれません。

 

 

 

ただつらい、こんな日々です。

 

 

 

とてもじゃないけど

常にリスクと隣り合わせの生活は耐えられなかったのです。

 

 

自己流があだをなして、

このあと僕は大暴落に飲み込まれ、マイナス30万してしまい、

 

今考えたら我流で投資するとか馬鹿すぎです。

仕組みを作るためのマインドを学習してそう思います。

 

「リスクもあるし、精神的にもきついからやめよう」

 

とあきらめてしまいました。

 

 

自己投資をしない=損失だと痛感した

 

 

振り返ってみるとあの頃の僕はマジでただの素人でした。

今も投資は素人ですが(笑)

 

 

今の僕はビジネスのマインドを持ってます。

が、昔の俺は何が重要で、何を学ぶべきかを全く知ることすらなかったのです。

 

 

何から始めればわからない状態。

一番最悪なやつです。

 

勉強をしていないからどこにお金をかければいいかもわかっていない。

 

 

ネットビジネスだったら見えにくいですが、

投資で「自分なり」にやるって相当リスキーです。

 

リスクがないからブログも「自分なり」にやりがちだし、

それでいて、指摘されたらプライドが邪魔して、逆切れする。

 

 

良くない。

副業向いてないですねこういう思考回路の人。

 

投資の資本にするのも大事ですが、

それよりも勝つための方法を学ぶべきだったと後悔しています。

 

あの時の55万のうち例えば5万でも10万でもいいから

「勝ち方」の情報に投資していれば、

 

30万の大負けはしないですんだだろうし、

もっと資産を増やせたかもしれません。

 

勝つためのマインドに投資すれば、

その分イライラせずに生活できたかもしれません。

 

 

振り返ってみるとあの時の僕は無知にもほどがあった。

 

 

結局、投資もビジネスも

行動力、継続力、情報収集力は不可欠でした。

 

 

 

 

トレードは副業ではあっても、ビジネスではない

 

 

トレードでもネットビジネスでも、お金は増やすことができます。

性質は違いますが、正しいやり方に投資して、情報を得れば、確実に成功できる。

 

これは間違いない、

 

だけどトレードはビジネスではないです。

 

 

ビジネスは

相手に価値を提供する見返りとして、報酬をいただくことです。

 

投資・トレードはそれに対して、2つの異なる通貨のレートの違いを利益にするものです。

 

 

副業ではありますが、学べるものは全く異なります。

 

 

投資なら、マインド、チャートのみかた、政治・経済の動き、金融を中心に勉強して行きますが、

 

 

ビジネスをやろうとするときは、マインド、ライティング、マーケティング、SEOを勉強していくことになります。

 

 

知識としてはどちらも財産になるはずです。

ただ、投資・トレードは副業ではあるが、ビジネスではない。

 

これだけです。

 

 

 

 

自由が欲しいなら仕組み化一択だった

 

 

 

投資で大きく稼ぐことはもちろんできます。

金銭的不満からの開放はもちろんあります。

 

 

ただし、投資で自由を得ることは難しいのではないかと僕は思っていて、

なぜなら、

 

時間的拘束があるから

精神は一切休まらないから

です。

 

 

 

「自由」とは単にお金があることではありません。

 

僕は「現代日本人のための3つの自由権」を提唱しています。

 

 

肉体的な自由

精神的な自由

経済的な自由

 

この3つが満たされてこそ現代人は真に自由であるというのが理念です。

 

 

 

経済的な自由は投資でもネットビジネスでも実現できます。

 

しかし、

肉体的な自由と精神的な自由は完全に満たされません。

 

 

株なら、証券取引所が開いている時間は限られているため、その時間に合わせて取引しなければならないです。

 

また、自動で収入を得る仕組みを構築するのが難しいというデメリットがあります。

株主優待や、配当で生活できるようになれば話は別ですが、そうなるためには億は必要です。

 

 

資金力のない我々にはハードルが高いのではないでしょうか。

 

 

 

 

一番満たされない自由は精神の自由です。

 

 

投資は常にリスクと隣り合わせですよ、マジで。

 

僕は短期トレードでしたが、おびえながら生活していました。

 

 

長期も一緒で、常に自分の選択が間違っていないかを信じながら投資する必要はあります。

 

 

失敗すれば資金が一気に溶けてしまうため、その覚悟も必要。

 

 

 

 

ネットビジネスの失敗よりもリスキーで重圧で病むのと、

 

 

トレード始めたら、どうしてもスマホやPCの画面にくぎ付けになってしまうので、

どうしてもトレード中心の生活になってしまいがちです。

 

自分の時間が無くなり、常に売り時、買い時を探る生活をしていました。

 

 

自由を求めてトレードをするつもりが、

トレードは逆に生活からゆとりをうばってしまいました

 

 

仮想通貨投資で、資金が6桁だった僕ですら精神的重圧に苦しんだのに、

それが8ケタ、9ケタの資産運用だったら僕はそのリスクに耐えられる自信がありません。

 

 

株主優待とか配当で生活する方法はベターだと思いますが、

投資は僕の欲する自由を得るために有効な手段ではなかったです。

 

 

 

精神的にも

肉体的にも

経済的にも

自由になれる一番の近道はやっぱり、

 

集客→教育→販売の手順を踏んでいて、ビジネスの原則に当てはまっていることを、ネットが自動でやってくれる

「仕組み化」が一番だなと確信しています。

 

  • ブログ
初心者向けのトレンドアフィリ僕が絶対にオススメしない3つの理由

 

 

 

こんにちは。さくです。

 

 

僕は、ネットで情報発信をして3つの自由を手に入れようコンセプトのもとブログをやったりだとか、教材作ったり、レポートを作ったりしています。

 

 

いろいろな副業に手を出して、今のブログ×メルマガの「仕組み化」に到達したわけですが、それ以前にもいろんなことをやったことがあります。

 

 

 

トレンドブログの作り方だったりとか、アダルトアフィリエイトの教材であったりとか、情報商材アフィリエイトのゴミみたいな教材だったりとか、投資の本だったりとか

 

 

 

いろんなものに手を出したのですが、最終的に仕組み化に行きつきました。

 

 

そしていろいろな教材を見ていくにあたり、絶対に僕はトレンドアフィリエイトをおすすめしなくなりました。

 

 

これを読めば

・なぜさくはトレンドアフィリをオススメしないのか

・僕があなたにお勧めする手法は何か?

 

 

この辺をお話ししたいなと思っています。

 

 

そもそもトレンドアフィリとは??

 

僕はこれまでいろんなジャンルの教材を読んできました。

 

キーワード選定の物や、

アダルトアフィリエイト教材、

情報商材レビューブログ教材、

恋愛アフィリエイト教材、

ツイッターアフィリエイト教材、

特化ブログの教材、

 

様々ありますが、その中に

「月10万稼ぐトレンドアフィリエイト教材」

 

がありました。

教材の中身は確認したのですが、結局はすぐに飽きてしまいました。

 

 

ただその教材を読んでトレンドアフィリがどういうものかも学びました。

 

まず、トレンドアフィリとはそもそも何でしょうか??

 

 

トレンドアフィリとは、検索ボリュームの多い時事ネタや芸能ネタなどの記事をごちゃまぜで書いていき、みんなが気になるネタに対する記事によってアクセスを大量に狙う手法です。
最新のニュースだけ狙って、

ジャンルに関しては一貫性のないサイトを作っていくのが主流です。

 

 

よくあるトレンドアフィリの教材としては

下剋上が有名です。

オススメする人も多い優良商材と「呼ばれている」教材ですね。

 

 

最新ニュースはかいているライバルサイトも少なく、アクセスも多いネタを扱うというのが特徴です。

 

トレンドアフィリエイトは成果が出やすい

 

これは確実に言えます。

0→1を作るのに関して言えば多分ツイッターアフィリに並んで簡単なんじゃないかと思っています。

 

トレンドネタは検索ボリュームが大きく、ネタも探せばいくらでも出てくるので、

「数うちゃ当たる」

のです。

 

需要も大きく、ネタも豊富。なんて素晴らしいんでしょうか。

 

最高じゃん!!

 

こうやってトレンドアフィリエイトを推奨しているアフィリエイターは主張していますが!!!

 

この手法には隠されたデメリットがたくさん出てきます。

 

 

トレンドアフィリのデメリットとは??

 

はい、じゃあこっからは本題であるトレンドアフィリエイトの隠されたデメリットを上げていきたいと思います。

 

 

1、記事の資産性が低い

 

これはネットビジネスいおいて大きなデメリットです。

最新のニュースはいずれ過去の物となり、そのうちにだれも関心がなくなります。

 

 

そんな記事を量産しづけなければ収入がとだえてしまうのが、トレンドアフィリです。

 

ネットでビジネスをする最大の恩恵は、インターネット上に記事が資産として積み重なることですが、

 

トレンドアフィリの資産性は一か月くらいです。せいぜいもって1年の記事がほとんどです。

 

昔、書けば当たるとされていた、半沢直樹の記事なんて今となっては、

誰も読もうとは思わないですよね?

いても超少ないんじゃないでしょうか?

 

対して、例えば僕の今書いているような記事は、いつの時代にも一定数の検索需要があるので、

資産として残り続けます。

 

 

言い方は悪いですが、トレンドアフィリは

「日銭を稼ぐアフィリ」

だといえます。

 

 

2、作業量と報酬額が見合わない

 

トレンドは難易度こそ低いですが、

 

書いた記事は資産にならないため、報酬額が爆発してのびることが少ないです。

 

 

成果が若干遅いけどあとで大きく伸びるタイプのビジネスに比べると、続ければ続けるほど、報酬面で不利になっていきます。

 

トレンドアフィリやる人は、結局報酬面でマンゾクできず、他の種類のアフィリエイトに手を出す人が多いそうです。

 

 

だったら、最初から資産性の高いビジネスやった方がいいじゃん?!ってのが僕の考えです。

 

 

 

3、記事を書き続けなければいけない

 

記事を書き続けなければ、報酬は途端におちてしまうのがこのアフィリの最大の弱点といいても過言ではないでしょうか。

 

 

そもそもこれは僕の主義なのですが、

ビジネスによって経済的な自由だけでなく、

時間面においても、精神面においても自由がなければ本当の自由ではないと思っています。

 

「日銭しか稼げない」トレンドアフィリは常に記事を書き続けないといけないのです。

 

それじゃ労働とかわらないじゃないですか?

 

確かに、労働時間はサラリーマンよりも短くなったかもしれないけれど、

それでもネタ探しして、記事を書いて、の繰り返し。

 

1日3記事を作成しましょうというのがトレンドアフィリの教材の主張なので、

 

 

それって結構しんどくね??ってぼくは思っちゃいました。

 

本当の自由を手にしたいならもっといいアフィリの手法あるんじゃないかなと考えたのを覚えています。

 

 

4、飽きる!!!!!

 

トレンドをやってみようと、試しにゲーム系の記事を書いてみたことがあります。

 

ゲームの詳細や、スイッチのおススメのゲームとか、ゲーム実況者の情報とか、ゆっくり実況って何?

みたいな記事を書いたのですが、

 

 

まあ興味ない!!!

 

 

すげー興味ない。

 

 

興味ない分野でもネタになりそうなものなら何でも拾ってくので、

すごくモチベーションが低くなります。

 

 

漫画のネタバレとかもやっていましたが、

まあ漫画も興味ない。

 

ドラマなんかもっと興味ないし、

 

芸能人の浮気ネタとかさらに興味ない。

 

 

 

こんなくそつまんないのできんわって思っちゃいました。

 

 

最新ニュースを常にチェックしてないとライバルサイトに先を越されてしまうので、精神が休まらないままブログ書くことになるんじゃないだろうかと感じてました。

 

 

イメージ的には、ゴシップネタ大好きな主婦さんとか向いてるのかなとも思ったり・・・

超偏見ですいません(笑)

 

 

グーグルペナルティで圏外になるリスクが高い

 

 

グーグルはトレンドブログのことが大嫌いです。

何となくで書いてしまった質の低い記事は、フィルターで引っかかったり、手動スパム認定を受けることがあるようです。

 

 

トレンドキーワードは情報量が少なくなりがちです。その証拠として、トレンドブログで書いてある芸能人情報などは、ほぼほぼすべてのブログで一緒ではないでしょうか??

 

 

トレンド記事は情報源が限られているので、似通った記事になることが多いのですが、

例えば、外注で仕入れた質の低い文章や、リライト記事は往々にして手動スパム認定を受けることがあるようです。

 

 

圏外にならない方法はいくらでもあるとは思いますが、

せっかく書いた記事が圏外に飛ばされるリスクも考えると、トレンドではない記事を量産した方がいいのでは。

 

 

 

さくのおすすめ手法とは何か??

 

ここまで長々と話してきましたが、要はトレンドアフィリはお勧めしないよということを言いたかったのです。

 

そこで僕のおすすめは何なの??という疑問がきそうですが、

 

僕は「オススメは何ですか?」

と聞かれたら、

間違いなく

 

・仕組み化

 

と答えます。

 

なぜ仕組み化なのでしょうか?

 

 

ビジネスの本質をついている=王道の手法である

 

 

集客→教育→販売のステップを踏んでいるビジネスをおすすめしています。

 

ブログ×メルマガ

YouTube×メルマガ

 

 

メルマガ+他のメディア。

これが仕組み化です。

 

この組み合わせは集客の媒体から教育・販売の媒体へ流すモデルです。

どんなビジネスも本質的にはこのモデルになっています。

 

 

基本が大事。王道を最初から攻めましょう。

 

 

仕組み化にはとてつもないメリットがあります。

 

 

資産性が高い

 

 

集客→教育→販売のモデルは媒体ごとに独立しているため、資産性が高いといえます。

 

「日銭」を稼ぐトレンドではなく、長期的視点で資産を構築することが自由になるためには必要です。

 

教育と販売コンテンツを一度作ってしまえば、

あとは集客コンテンツから教育のステップに流せばいいだけです。

 

 

集客はブログのみでなくYouTubeやツイッター、広告などからもできるため、とにかく資産性が高いというのが超メリットです。

 

 

応用が利く

 

 

本質を学べば応用が利きます。

 

仕組みの作り方を一度学べばいろんなものを仕組み化できちゃうので便利です。

 

 

例えば、

伝統工芸品×仕組み化

恋愛×仕組み化

 

なんてできます。

こいつらは僕がやったことのある例でした。

 

さらに、仕組みを学べば実店舗のコンサルも可能です。

web集客に詳しくなれるので、お店に教えてあげればそれで利益を生むこともできますし、報酬をいただくことも可能です。

 

リアルビジネスやってる人でネット集客全く知らないなんてざらですからね。

 

こんなかんじで仕組みを一度学んでしまえば、様々に応用を利かせられます。

ネット以外で生きるすべをネットで身に着けることができる最短効率が仕組み化です。

 

 

 

仕組み化については今後もどしどし情報を発信していくのでブログを読みまくってしっかり力をつけていきましょう。

 

  • ブログ

 

 

時間ってめっちゃ大事なのに、

誰しもがついついないがしろにしがちですよね。

 

 

 

 

 

時間って有限なのに人生ってあまりに長いから無限だと勘違いしてしまう。

 

 

 

無限にあるから少し無駄にしてもいいだろう、これがつもりに積もって、

とりかえしのつかないくらい大きなロスが生まれる。

 

 

 

 

 

そんな経験今までに何回もしたことあります。

 

テストでコツコツやらなかったから、期末試験前夜に参考書に埋もれて一夜漬けしたり、

期限まで十分時間があったのにプレゼンを作るのがギリギリになってバタバタ担って苦労したり、

こんな経験ないでしょうか?

 

 

 

 

 

これは期限までの時間の使い方がめっちゃ下手だから起きちゃうのです。

 

ビジネスでも受験でも時間をかけられる人が制すといいっても過言ではないので時間ってめっちゃ大事なのです。

 

 

 

今回お話しする内容はまとまった時間をとるのが苦手な人・できない人に向けて時間をどうやって捻出するか僕の思考法を公開していこうと思います。

 

 

1日のうちに何もしてない時間どのくらいありますか?

 

あと10分で家を出なきゃいけない時微妙な時間とか、

寝る前にスマホをいじる時間とか、

昼休みとか、

バイト始まる前の時間とか、

通勤の時間とか、

 

 

 

 

僕たちの生活には、こま切れでとても小さい時間が結構たくさんあります。

 

 

何気なく生活しているから気づかないだけで、

一度生活を洗ってみると、

マジでありえないくらいボーっとしてる時間だったりとか、

ツイッターいじいじしてる時間とか存在します。

 

 

 

 

普通に考えるとこの時間ではビジネスの作業を進められないと思いがちです。

YouTuberの動画見たりとか、

インスタのストーリーをチェックしたりとか、

ツイッターでネタツイしてみたりとかこういう時間の使い方をよくしてしまいます。

 

 

 

だけどこの時間ってつもりに積もったらたった1日でも30分とか1時間、

下手したら3時間とかに余裕でなっています。

 

 

これはマジででかいです。

 

 

 

「時間がないんですー」と悩んでいる人はこういう時間こそ有効に使わないといけません。

時間をビジネスがうまくいかない言い訳にするのはなく、捻出をしていきましょう。

 

 

 

僕にとってツイッターは時間のムダだった

 

 

僕の生活の中での使用可能な時間は

 

・通学、通勤の移動時間

・朝のトイレ、ご飯の時間の前後

・昼休み

・ヒマな授業の時間

・バイトに早くついてヒマな時間

・帰った後YouTube見てしまう時間

・寝る前のだらだらする時間

 

 

こんなかんじでした。

 

 

 

 

軽く見積もっただけでも4時間くらい使用可能な時間がありました。

 

ぼくはこの時間を徹底的に利用しました。

 

 

 

 

ただ利用といってもブログ書くことは不可能なので、

勉強にあてました。

この時間でノウハウを徹底的にマスターしよう。

 

 

 

あとは記事のタイトルや見出しを考えて、

メモする時間に使ったりもしています。

 

 

こま切れの時間を利用するなら音声学習が最適です。

 

 

 

 

購入した音声教材を聞きまくって、全部10回以上聞いてます。

何ならその教材はまだ今でも聞いています。

 

徹底反復です。

 

 

音声だから、移動中でも利用できたし、何より、両手を開けることができるので、

ご飯でも、トイレ中でも聞いていました。

まじで反復。

 

 

この反復を繰り返すことによってだんだん知識も増えてきて、

ブログネタにも困らなくなるし、

何より時間を有効に使えているので、

モチベーションが高くなります。

 

 

 

「時間がない」事をビジネスがはかどらない原因にするのではなくて、

「時間を見つけてやろう」くらいの気持ちでぶつかっていけば、

時間も増えるし、モチベーションも高まる、だから継続力も付くっていういいサイクルの中に入ることができますよ。

 

  • ブログ
【テレビ不要論】無駄だと思って断捨離したけどテレビ必要なかった

 

 

 

さくです

先日実家に帰りました。で、家族と一緒にテレビを見ていて確信に変わりました。やっぱりテレビって不要です

 

帰省して3か月ぶりくらいにテレビを見たのですが、久々だから面白いな、という反面テレビって生活にいらないなという風に思います。

 

 

僕はテレビ、日常生活の中に不要論を提唱しています。

 

 

ただいま一人暮らしですが、テレビは部屋に置いてないですし、持ってもいません。

 

 

 

テレビなしの生活を想像できない人は絶対に多いハズです。テレビのない生活なんて寂しいし、何より暇じゃん

 

そう思うのもわかります。だけど僕の生活はテレビを日常的に見ている人よりも絶対に豊かです。

 

 

今回はテレビのない生活のメリット、デメリットを紹介していきます。

 

 

テレビのない生活はここが不便

 

 

テレビなしの生活=よりシンプルな生活です。これはテレビのある生活よりもムダが少ないということです。

 

ただテレビのない生活がメリットしかないかといわれるとそうでもありません。

 

 

ネットが台頭してきた時代とは言え、テレビはいまだ新聞と並び、我々日本人の大きな情報収集源となっているのは変わりありません。

 

 

情報の質としてはとても低いですが、

テレビでニュースをつけっぱなしにしていれば「それなり」の情報を得ることができます。

 

 

ところがテレビなしで、特にアンテナを張っていなければ、

「世間をマジでなんも知らない人間」になってしまいます。

 

 

 

 

つけっぱなしでニュースを知ることができるという点では、

テレビがない生活はとてもデメリットかなって思います。

 

 

しかもテレビは時間をリアルタイムに反映している=割と新しいニュースばかりをしれるので、トレンドを知ることが簡単です。

 

 

 

特にドラマネタとかはテレビでないとリアルタイムで得ることはできません。

 

話についていけないってことが何回かありました。

「へーそうなんだぁ」

 

 

 

って感じで流す事もしばしばです。

 

 

あとはテレビがなくなるとテレビを見て暇をつぶそうということができなくなります。

 

朝起きたらとりあえずテレビつけるということができないため、

まあヒマなときはヒマ。

 

そして何でもいいからテレビをつけてないとめっちゃ静かなので、夜ごはんのタイミングはちょっと静かすぎて辛いです。

 

寂しさを紛らわせるということが

 

 

それでも僕にはテレビはいらない

 

 

テレビのない生活のデメリットは

  • ニュースを知れる機会が減る
  • トレンドが分からない
  • ヒマつぶしができない
  • とてつもなく寂しいときがある

 

 

こんな感じです。

 

デメリット上げましたが、テレビのないデメリットなんてこんなもんです。

たかが知れてます。

 

肝心のメリットの方が多いので、僕はテレビを必要とせずに生きていった方が絶対に人生豊かです。

 

 

時間が増える

 

 

「とりあえずテレビ」の習慣から脱却すると恐ろしく時間が増えます。

 

自由に使える時間ベースで考えたら倍以上は余裕で違いますね。

そうすると、本来「やらないといけない」「やりたいこと」ことへ回せる時間も確保できるので、生活にゆとりを持てるようになるという利点があります。

 

 

時間の有限性を意識できる。

 

テレビをみて何となく時間を過ごしたことよりも、

テレビなし生活でテレビ以外のことで時間を浪費したことの方が、

 

時間の無駄遣いに対する罪悪感がより強くわきます。

 

 

 

 

テレビなし生活では時間に対する感度がめちゃ高くなる。これはマジ。

 

情報源でもあるけど時間の浪費ツールでもあるテレビ一つなくなっただけで、

「何しているかわからない時間」

が大幅に減って、使える時間が増えます。

 

 

 

 

思考停止してても情報が入ってくる時間を半強制的に減らせるし、マジでただボーっとしてる時間ってテレビをみて無駄にした時間よりも、時間の無駄を実感できるので、

 

 

 

テレビをなくせば「活動しなきゃ!」という意識を無理やりうみだせます。

 

 

 

時間が増えるだけでなく、5分、10分のスキマ時間をどう生かそうかをもっと考えられるようになるのもテレビなし生活の魅力です。

 

 

趣味ができる

 

今趣味がない人もテレビをなくせば趣味に多くの時間を当てられます。このブログだって時間があるから書けてます。

 

 

 

 

それと音楽を聞く時間を僕は増やしました。

これまでコブクロとかスキマスイッチとかフォークソング系が好きだったのですが、

KISSやレッチリ、クラプトンといった洋楽を聞く時間も増えたし、

 

 

 

ギターで聞いた曲のコピーをすること時間も増えました。時間があるから曲のフレーズを考えてみる余裕もできました。作曲頑張ってます。

 

 

 

自分から情報収集する癖がつく

 

テレビをつけっぱなしで入ってくる「それなりの情報」が大多数の人の情報のメインですが、テレビがない僕はネタを自分から収集しないといけません。

 

 

例えば新聞を読むし、本も読みます。ネットから情報を仕入れることが最近は一番多いです。

 

 

 

 

 

 

そして同時にテレビの情報って結構操作されてて、テレビを見ていると僕たちは

 

「世間を大方は理解した」

 

という感覚に陥りがちですが、実際そんなことはなくてTVの枠では放送されない事実に触れたり、そもそもテレビのご意見番の背景知識の間違いに気づけたり、こういう思想もあるんだ!と新たな発見をできますよ。

 

情報収集能力に関してはあえて主要なテレビを排除することで、皮肉なことですが、一皮むけることができます。

 

 

 

テレビは不要。捨てて時間と情報を増やそう。

いきなりテレビの時間をゼロにするのはまあ不可能です。多分。

禁煙と一緒ですね

 

 

だけどちょっとずつ、テレビをつけっぱなしにする時間を減らしてみると、

いかに自分がテレビに依存しているかがわかるとおもいます。

 

 

それを乗り越えてテレビを見る時間をゼロにする、

もしくは必要最低限にすれば、

間違いなく、人生に変化をつけられます。

 

 

 

人それぞれだと思いますが、

僕はテレビをなくして人生は確実に豊かになった。

今の生活変えたいなんてあなたはぜひ行動してみるのはいかがでしょうか?