カテゴリー:ブログ
まず初めに絶対に押さえるコピーライティング2つの基本の型

 

・コピーライティングに興味があるんだけど全然かけない!何かいいテンプレート的なないかな~
・最終的には文章でお金を稼ぎたいんだけどまずは簡単な方法を知りたい

 

という方向けの記事になっています。

 

コピーライティングを学ぼうと検索してみると、いろんな書き方だったり、テンプレートが出回っていて、実際にはどれを利用すればいいのか迷う方もいるのではないでしょうか?

 

また、いざそれの通りに書こうとしても実際には何を書いていいのかわからない状態にもなっているかもしれません。実は型を知っているだけでは文章は書けないのです。

 

 

今回は、メルマガライターやコピーライターとして活動する僕が最初に勉強した「コピーライティングの型」と、型をどう実践に使うのかを解説していきます。

 

 

コピーライティングに型って本当に必要なの?

 

 

結論から言うと、「勉強しておくべきだけど、実践向きではない」です。

 

じゃあこの記事読む価値ないじゃん!と思う方もいると思いますが、これには訳があって、コピーライターたちは、型通りに書いていなかったり、型をくずして使っていることが多々あるからです。

 

型に当てはめて書いてしまうのは「書き手」が楽だから。これは読者目線ではありませんよね。本来は、型をベースに読者が「ここでこの情報が知りたい」と思う情報を適切な順番で書くのがコピーライティング。

 

あくまで型は、「フレームである」というコトをおさえておいてください。

 

とはいえ、型を知ることで、コピーの全体像や、文章構成についての理解は深まります。まずは型をしっかり押さえてくださいね。

 

 

コピーライティングでまずは押さえておきたい2つの型

 

まず知ってほしいのは、この2つのパターンになります。ここで押さえてもらうコピーティングの型は、クエストフォーミュラ、新PASONAの法則という2つのフレームワークです。

 

型をたくさん知っている必要はありません。大切なのは、いかにして文章が書けるか?

という本質的な部分です。この2つをおさえておけば、コピーライティングの型は最低限は押さえたといえるでしょう。

 

 

クエストフォーミュラ

 

始めに紹介するのはクエストフォーミュラと呼ばれる型です。QUESTの法則とも呼ばれていますね。

 

 

クエストフォーミュラを提唱したのは、英語圏のマーケターであるマイケルフォーティン(Michel Fortin)氏です。売り上げアップを狙うための文章術として知られています。

 

 

QUESTの頭文字がそれぞれ書くべき内容を指しており、これに当てはめることで読者が自然と顧客に代わるような文章を書くことができます。

 

 

QUESTの法則

Q = Qualify:絞り込み「文章のターゲットの明確化」誰に向けたページかを示す

 

U = Understand:共感する「境遇に同情」コピーの該当者が自分であると認識

 

E = Educate:教育「解決策の提示・商品の紹介」共感した悩みの解決手段を提示

 

S = Stimulate:興奮させる「商品を購入して悩みを克服した状態」ベネフィット

 

T = Transition:変化させる「行動を促す」読者から顧客へ

 

 

という5つの流れで構成されているのがクエストフォーミュラです。

 

例えば、ダイエットのための酵素を販売するとしましょう

 

 

Q:「30代を超えてから、今までと同じ量を食べていてもなぜ太ってしまうのか?」

 

U:「実はこの悩みは、誰しもが直面するものなのです。世の中の90%の女性は30代当たりで消化酵素の働きが著しく低下します。実は私の周りにもこれまでと同じ食生活にもかかわらず、おなか周りの悩みを気にしている人もたくさんいます。実はこの30代で正しいダイエットを知っていなければ、今後さらに肉が付きやすい体になってしまいます」

 

E:「体の働きとともに失った酵素を摂取するには、これまでは大量の野菜を摂取するか、酵素サプリをとる必要がありました。しかしながらサプリでの吸収率は6割未満ととても低いことが研究で分かっています。そこで私たちは、いかにして酵素を体の中に多く取り込めるのかを研究し、液体として摂取することがいいという結論に至りました。酵素ドリンク『ノメルノ』には酵素の吸収を助ける「アミノ酸T」を配合し、8割以上の吸収率を実現しています。使用方法はどこかの一食をドリンクに置き換えるだけです。」

 

S:「このドリンクによって、食べても太りにくいからだが手に入り、太ることを恐れて毎日生活するということがなくなります。おなかを気にして、服選びが困ってしまうという毎日からもさらばできます。」

 

T:「ひと箱4000円が今なら30日分、3000円です。ただし在庫に限りがあるため300箱限定とさせていただきます。お問い合わせは今すぐ○○へ!」

 

 

クエストフォーミュラについてもっと深く知りたい方はこちらの記事をチェックです。

 

 

 

 

新PASONAの法則

 

PASONAの法則は日本一のマーケターである神田昌典さんが考案したコピーライティングの方法です。この型をベースにした文章はたくさん存在するため、ぜひとも押さえておいてほしいフレームです。

 

 

PASONAの法則

P…problem問題点「読者の悩みや希望のあぶり出し」冒頭部分

 

A…親近感affinity「読者に共感」ストーリー・境遇に同情

 

S…解決策solution「原因と解決策を明示する」データ・証拠

 

O…提案offer「具体的な料金・詳細を説明」商品説明・価格

 

N…絞り込みnarrow dowm「限定性や希少性を強調」特別価格

 

A…行動action「読者が行動する最後の一押し」限定〇個・追伸

 

P…ひげで悩んでいる・そり負けする・何度剃っても青い・そもそも髭剃りで剃り続けても問題ないの?ひげを気にすることなく、自信のある生活がしたい

 

A…実はこれは多くの方が悩んでいます。僕自身もひげが濃くてついつい力を入れて沿っていたため、赤くなってしまい、女性と会うときや友人と会うときに、どうしてもひげコンプレックスで自信が持てなかったです。

 

S…髭剃りで剃るのがいけないのです、実は頑固なヒゲの多くは体の内側から改善することが必要です。ホルモンバランスを上手に整えるサプリが多くの方の生活を変えていたのです。

 

O…今回のホルモンサプリPPPは過剰に出ている男性特有のホルモンを抑制し、ヒゲや体毛を薄くする効果があります。

 

N…ネット広告特別価格で9800を4980円でご提供いたします。

 

A…しかしサポートできる限度があるので100個までとさせていただきます。

 

コピーライティングの型を理解して次にするべきこと

 

コピーライティングの型についてここまで解説してきました。もしかしたら、「この型を利用したら文章がスラスラ書けるようになったぞ!」と考えている方もいるかもしれません。

 

しかし、これは大きな間違いです。

 

「じゃあなんで型について、この記事で紹介したんだよ!」という声が聞こえてきそうですが、その理由は簡単で「型を勉強しておけば文章を把握できるから」なんですよね。他のライターの文章を分析する時に型は役に立ちます。

 

 

たとえ型を知っていたとしても、「実践の場でどのように使われているのか?」を理解しなければ、あなた自身が実践で書けるようになることは永遠にありません

 

 

残念ですが、これは事実です。ですからコピーライティングのマニュアルを買いあさってもいい文章は書けるようになりません。いくら攻略本を購入したからと言って、実際にゲームをプレイすることがなければ、レベルは上がっていきませんよね。

 

 

むしろあなたが必要なのは、実践の場でどのように型が使われているかをその目で分析して、自分で組み立てられる能力です。実際にあなたが購入した商品のセールスレターだったり、巷で凄腕コピーライターと呼ばれる人の文章を「分析する」力を養わなければ永遠にコピーが書けるようにはなりません。

 

 

実際に優れたセールスレターを分析すると、実際には型は崩されて使っているんだなということが分かるはずです。

 

 

ですから、まずは世に出回っているコピーにたくさん触れて、実践レベルを養ってください。

 

世に出ているコピーから効率よくあなたのレベルを上げるのにオススメな方法は、

「写経」です。

 

たかが写経でコピーがうまくなるのかよ・・・と思う方もいるかもしれませんが、広告の本場、アメリカの凄腕コピーライターは写経して成長した人が数多く存在します。またアメリカから日本にコピーライティングを持ち込んだMr.Xという億プレイヤーも弟子に徹底した写経を進めています。

 

泥臭い作業になりますが、コピーは戦いです。戦いを勝ち抜いた猛者だけがS級ライターになれます。まずは、名作と呼ばれるコピーを徹底的に写経してみてください。

 

まとめ
型は他人の文章を分析するため。自分で書くためには向いてない
型を勉強したら写経しろ!

 

 

 

 

 

 

 

どうもこんにちは、さくです。

 

 

「稼いでいる人は例外なくメルマガをしている」
「メルマガで自動収入を獲得できる」

 

という文句の記事を読んだことがあるけど、あまりピンと来ていない人も多いのではないでしょうか?

 

メルマガってやる意味あるの?
難しそうだし、めんどくさそう。

 

 

そんな疑問にお答えします。

 

 

実際に僕はメルマガを利用していて、メルマガで実際に収益を上げています。しかも「ほぼ」自動収入です。

 

 

しかし僕自身も実際にメルマガを利用するまでは、どれくらいの効果があるか?そしてどんな稼ぎ方があるのか明確にわかってはいませんでした。

 

 

稼げるらしいがどんな稼ぎ方があるのかはあまりピンとこないメルマガですが、この記事を読めばなぜ僕がわざわざメルマガを利用するのか?が分かるように、、、

 

・メルマガ配信の役割
・メルマガ配信で稼ぐ3つの現実的な方法
・おすすめのメルマガを使った稼ぎ方

 

について解説していきます。

 

 

『メルマガ配信の役割』なぜブログだけではだめなのか?

 

ブログだけでもアフィリエイトでお金を稼ぐことは可能です。しかしメルマガを利用することで購入率を最大まで引き上げることができます。

 

 

メルマガの主な目的は、顧客教育です。メルマガは見込み客の現時点での価値観を、理想の状態の価値観に『価値観教育』するのにベストなツールです。

 

 

特にメルマガの中でも、ステップメールというサービスを利用できるメルマガスタンド利用しましょう。これを利用することで自分が意図した順番で、意図したタイミングでメールを送ることができます。

するとオファーする前に顧客の価値観を「商品が必要な状態」に教育できるのです。(この辺はマーケティングの知識が絡んできます)

 

 

ブログでも教育は確かに可能です。
しかし、ブログしか使わない場合、メールマガジンほどの教育効果はありません。

 

 

あなたが意図した順番で記事を読んでくれるとは限りませんし、そもそも定期的にあなたのブログに再び訪れることもないかもしれません。

 

 

それに対してメルマガのステップメール機能を使ってあなたが意図した順番で「あなたが紹介したい商品の必要性」を順を追って説明していきます。

 

 

商品を紹介するころには、商品の概要を知っただけで必要かどうかを判断し、強いオファーがなくても自分の意志で購入してくれるようになります。

 

 

 

ですので、ブログ単体よりもメルマガを通した方が購入率はアップするのです。

 

メルマガについてこちらの記事もチェック

 

 

 

 

 

 

メルマガ配信で稼ぐための3つの現実的な方法(難易度順)

 

メルマガ配信で僕たち一般人が「ネットビジネスとして」稼ぐためには3つの方法が主流です。

 

 

1:無料オファーで稼ぐ

 

無料オファーとは、メルマガの読者に無料の他のサービスに登録してもらう事で、登録者一件につき○○円の報酬が支払われるという、稼ぎ方です。

 

 

一見すると無料登録で、収入を稼ぐなんてありえないかもしれません。しかし、サービスの運営者や事業者はユーザーがいなければ商売が成立しないため、サービスに登録してくれる人を見つけてくれるのならお金を払ってでも使ってほしいのです。

 

広告費の代わりだと考えればわかりやすいかもしれません。広くアピールするよりも、確実に登録してくれる人を見つけてくれた場合に報酬を支払う方が広告費は安く済みます。

 

 

メルマガの読者は、無料でサービスや情報を紹介してもらえて、
アフィリエイターは、報酬を獲得できて、
広告主は、ユーザー・利用者を獲得できます。

 

3者間が得をするwin-winな関係が無料オファーです。

 

僕もこの方法をやっていて、一件につき500円だったり、大きな案件では1500円の報酬が支払われることもあります。

 

 

マッチングアプリの無料オファーは4000円の報酬が発生するものもあります。

マッチングアプリ・出会い系サイトのアフィリについては、noteという電子書籍で教材を作る予定なのでそちらもチェックしてください。

 

 

 

 

2:メルマガアフィリエイトで稼ぐ

 

無料オファーの次にご紹介するのは、メルマガアフィリエイトです。これが一般的に広く知られている方法ではないでしょうか。

 

メルマガ配信で信頼関係を築いてからアフィリエイトすることで、ブログのみで販売するよりも成約率は高まります。

 

特に高単価の商品は、メルマガをはさんで見込み客の価値観教育をするのが効果的です。

 

 

ビジネス系のみならず、恋愛系のブログをやっていたり、投資・勉強系のメルマガも存在します。ブログのみでアフィリエイトをしている人も、メルマガで高単価の商品を紹介するれば、ブログ単体よりも成約率もアップするので収益アップも狙えます。

 

 

 

3:メルマガ内で独自商品を販売する

 

メルマガであなた自身が作った商品を紹介する方法が実は最も稼ぎを増やすことができる手段です。

 

他者の商品をアフィリエイトする方法だと、ASPの手数料だったり、商品の開発者の取り分が発生するため、売り上げの45~60%ほどしか手元に入ってきません。

 

中には80%くらいの案件もありますが、報酬目当てで商品を紹介すると信頼が損なわれる可能性もあるでしょう。

 

逆に、稼ぎの85%以上を収入とするためには、独自商品を作って売るのが手っ取り早いです。PaypalやBASEを決済システムとして利用すれば、他者への取り分を極力排除することができます。

 

最近だとnoteという電子書籍販売システムはTwitterとメルマガを組み合わせて利用している人中心に採用されていますよ。(noteは若干手数料が高いんだけどね、、)

 

確かに独自コンテンツを作ったり、決済システムを導入して売るのはちょっとばかり面倒です(泣)しかし、商品開発者の取り分がなくなるため、メルマガで独自商品を販売する方法は最も利益率の高いビジネスモデルだといえます。

 

 

オススメのメルマガを使った稼ぎ方

 

この中でもオススメの方法は、

メルマガアフィリ→独自商品の販売です。

 

 

無料オファーも確かに稼げます。『ちりも積もれば山となる』ですね。しかし、『無料オファーだけ』であれば限界も来てしまいます。また無料オファーには、ユーザーが登録先のサービスやメルマガに惹かれ、あなたのメルマガのオファーではなく、登録先のメルマガの商品を購入するという、『見込み客の流出』も起きかねません。

 

 

いきなり教材や商品を作るのは難しいと思います。しかし、ネットビジネスを実践していく中で、気づいたことや、工夫したことを言語化して、体系化すれば立派な教材として成立しますよ。

 

 

ノウハウがたまってきて商品を作れるようになれば、独自コンテンツを作りましょう。

 

 

 

まとめ:まずはメルマガについてもっと深く知ろう

 

 

メルマガ配信で稼ぐ方法について解説してきましたが、大切なのはメルマガは価値観教育のメディアであるというコトです。

 

 

売るためのメディアじゃありませんよ!!

 

お客さんとの信頼を築くための情報発信が大前提です。信頼という土台が成立しているからこそ、高単価の商品が売れて、『紹介してくれてありがとうございます!』と感謝されるのです。

 

 

まずはメルマガ配信についてもっと深く知りましょう。メルマガを使ったビジネスモデルを学んで稼ぎ方を研究したり、他人が配信しているメルマガを研究する必要があります。

 

 

 

そして「信頼関係を構築するための発信」を勉強してください。それなしには物は絶対に売れません。

 

 

ぼくのメルマガを登録していただければ、メルマガをつかったビジネスモデルの全体像が分かる電子書籍をプレゼントしています。

 

 

 

メルマガでどのような内容を発信すればいいのか?

信頼を築くためにどんなエピソードを話しているのか?

が書いてあります。読みまくってくださいね。

 

ネタ集めに困らない!?ブログネタを無限に生み出す思考法

 

どうも、さくです。

 

ブログネタ探しって大変ですよね、、、特にブログを始めたばかりだったり、コンテンツを作り始めたばかりの初心者だったら『ネタ集め』で悩むことがよくあるでしょう。

 

実際に僕もネタ切れの場面が何回もありました。(今でも息詰まることはありますが)そして解決するために、試行錯誤していくつかのアイデアに行きつきました。

 

 

今回は、ブログ記事・コンテンツ制作に欠かせない『ネタ』の量産方法について解説していきます。

 

 

そもそもなぜブログ記事のネタ切れになってしまうのか?

 

そもそもネタ切れってなぜ起こるのでしょうか?

 

それはニーズを分析するのではなく、自分の脳みそから一方的に供給しようとしてしまうからです。

 

自分の知識には限りがありますから、そりゃいつかはネタ切れになります。

 

 

自分の持っているものを発信するのではなく、

『相手の悩みを分析して、さらに自分の持っているものを提供する』

のです。

 

検索する人は何か悩みを抱えていて、それを解決するためにGoogleを利用しますよね。

 

人の悩みなんて無限にありますから、実は無限にネタは転がっています。

 

ネタ探しをして一方的に発信するのではなく、ニーズから逆算してコンテンツを作ることでネタ切れを防ぐことが可能です。

 

ブログ記事のネタ集めをするためにまず考える『ニーズ』の話

 

ブログのネタに困ったときは、ただいたずらに書くのではなく、

 

読者がどんな悩みを抱えていて、どんな解決方法を提案できるだろうか?
と考える方がネタ集めがスムーズにいく場合も多いです。

 

 

あなたが

 

 

ここでは2つの方法を紹介します。

 

  • キーワードからニーズを逆算してネタ集めする
  • メルマガからネタ集めをする

 

 

 

キーワードから逆算してブログのネタ集めをする方法

 

 

読者の悩みはキーワード、つまり検索語句に現れます。

 

ブログのネタ集めをする際に、キーワードを理解して、検索意図を分析してみましょう。どういった悩みがあって、どんな提案できるか?おのずとわかるようになります。

 

 

キーワードから逆算するブログのネタ集めは次の3ステップです。

 

1:テーマを大まかに決める
2:読者が検索するであろうキーワードを決める
3:悩みを想定する

 

 

  • テーマを大まかに決める

 

まずは、テーマをきめましょう。漠然と何かについて書くというコトをまずは一つ、ひねり出します。自分の持っている知識群についてのテーマであれば、ネタの構成を考える時間は短くなります。

 

 

僕は次の記事でメルマガについて書くことにしました。

 

そこでまずはグーグルの検索窓に『メルマガ』といれてみます。

 

 

 

グーグル キーワード予測

 

 

 

 

記事の読者が検索するであろうキーワードを決める

 

ここからはテーマの深堀にして、漠然としたテーマを深堀りしていきましょう。この行程で、テーマから、キーワードを決めて具体化します。

 

具体化することで、何について書けばいいかが絞られて、おのずと書くべきことが明確化してきます。

 

 

最も簡単な方法として、グーグルやヤフーの検索予測や、関連キーワードを追って、3語のキーワード群を見つけ出してください。

 

 

例えばですが『料理』というキーワードで調べると漠然としすぎていて、何について書けばいいかわかりませんよね。

しかし、『料理 もやし 一人暮らし』だったら「一人暮らしにオススメなもやしを使った簡単そうな料理について知りたいんだな」とわかります。

 

 

僕の場合は『メルマガの何について書くか』を関連キーワードや検索予測を使って絞っていきます。

 

先ほどグーグルのトップ画面で、『メルマガ 配信』があったのでそれをまずは選択。

 

ブログ記事 ネタ探し 検索予測

 

 

 

さらに、Google検索結果の一番下の画面に『メルマガ 配信 稼ぐ』というワードをみつけました。

 

 

 

僕は、次の記事で『メルマガ 配信 稼ぐ』というキーワードで書くことにします。

程度の知識が頭の中にある分野であれば、リサーチが省けるところも多いので記事も書きやすいです。

 

 

ブログ ネタ探し 関連キーワード

 

 

 

 

悩みを想定する

 

 

最後に『読者の悩み』を想定しましょう。この検索ワードで検索する人は、どのような悩みがあって、どんなことを知りたいのでしょうか?

 

上位表示されているブログを見つつ、検索意図を読み取りましょう。

 

読者の悩み:メルマガを使って稼ぐ方法の概要を知りたい
問題解決: メルマガで稼ぐ方法を解説して、さくのおすすめを紹介
すると思います。
またどのようなメリット(顕在的なニーズ)と、ベネフィット(潜在的なニーズ)を提示できるかも同時に考えます。
メリット:メルマガ配信で稼ぐ方法が分ります!
ベネフィット:ネットでレバレッジをきかせたお金の稼ぎ方で、ゆとりのある暮らしを実現できる!
ここまでの流れができれば、あとは記事を書くだけですね。

まとめ:ブログ記事のネタ集めはニーズから逆算しよう

 

 

ここまでキーワードからブログ記事を作るためのネタ集めをする方法について解説してきました。

 

 

他にも画期的な方法があるのかもしれません。しかし、このキーワードから見つけた記事ネタは、SEO的にも有利にはたらきます。ユーザーは検索エンジン経由で記事にたどり着くので当たり前ですよね。

 

 

・テーマを決める
・読者が検索するであろうキーワードを決定する
・読者の悩みを想定する
記事のネタが決まれば、あとはライティングです。
ライティングがうまくなる方法はこちらでまとめましたので参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

  • ブログ
ブログ写経の効果的なやり方とは?最適な方法にするための3つの方法

 

こんな方の悩みを解決します。

 

『効果的にライティングを上達させる方法を知りたいな』
『ブログの写経に興味があるけど、実際にどうやればいいかわからない、、、』
『以前ブログ記事の写経をやってみたことがあるが、あまり効果が感じられなかった』

 

写経は正しい方法でやれば、効果が出ますが間違った方法を継続していても全く意味のないさぎょうになってしまいます。正しい方法をマスターして最短で写経の成果を出しましょう。

 

 

どうもこんにちは、さくです。

 

僕は現在マーケターやメルマガライターとして活動しています。初心者の状態から今の状態になるまで何十万文字も書いてきましたが、この練習の中で特に効果があったなと感じたのは「写経」でした。

 

ただし写経もやり方を間違えては最大の成果が出せません。

 

今回は僕が写経をする際に意識した『3つのポイント』を解説して、ブログ記事を写経するコツをサクっとマスターしてください。

 

それでは始めます。

 

ライティング力をアップさせるための写経と音読

 

 

ライティング能力を上げるためには理論を理解して、実践して経験値を積む必要があります。そのために僕たちは、インプット→アウトプットを繰り返すのです。

 

普通は、インプットとアウトプットは別の作業です。音読・写経は、インプットとアウトプットを同時に実行できるため、ライティング力をスムーズに高められます。

 

読んでインプット→頭で理論をもとに分析→書いてアウトプットを一度にできるため、非常に効果的です。

 

 

 

 

ブログの写経で思考停止にならないために気を付ける3つのこと

 

ブログ記事の写経はインプットとアウトプットが同時に行えるため効果的だという話をしましたが、ただ目的もなく書いているだけでは何の意味もありません。

 

目的をもってブログ記事を読んで、分析して、写経する必要があります。そこで、僕がいつも写経する時に気をつけていることを解説していきます。

 

 

 

言い回し・表現技法を自分の中にストックする

 

 

文章の中にも同じことを伝えるはずなのに、伝わる文章と伝わらない文章が存在します。

 

できた文章は必ず音読してチェックしましょう。

音読して引っかかる部分があれば、あなたの文章を読む人にも違和感を与える可能性があるからです。

完成した文章の推敲を怠ると、執筆中に気づけなかったミスを放置することになるのでどうしても記事の離脱率は高くなります。

完成した文章は必ず確認を怠らないようにしてくださいね。

 

音読して引っかかる部分があれば、あなたの文章を読む人にも違和感を与える可能性があるため、できた文章を音読して確認することは重要であります。それを怠ると、離脱率の高い文章になります。完成した文章の確認は必ず行います。

と2つの文を用意しましたが、圧倒的に1つ目の文章の方が入ってきやすいと思います。

 

2つ目の文章は、改行が行われていません。全体的に詰まっているため読みにくい文章になっていませんか?

 

さらに文章の語尾がすべて「ます。」でそろっていますよね。人間は文章の中で同じ言葉が重複してしまうと、ついついその単語に注目してしまいます。だから内容が入らなくなるのです。

 

「それ」という指示後も「文章の推敲」という単語に置き換えられます。対して、1つ目の文章は、改行がキレイにできているし、語尾もバラバラになっていますよね。

 

同じ単語を重複せずに、「確認」「推敲」「チェック」と同じ意味の違う言葉を使っています。

 

刺さる文章には、刺さる理由があります。そして刺さる文章には、たくさんの刺さる表現が使われているのです

 

 

あなたが使ってない刺さる表現は世の中に無数に眠っています。
写経の際は、ただ移す作業をするのではなく、表現に目を向けてみましょう。

 

 

「語尾をそろえない工夫」「同じ言葉を重複しない工夫」「刺さる表現」をいい文章から盗むことを心がてみてください。

 

あなたのボキャブラリーが増えると同時に、多くの人に行動を起こさせる表現を習得することができます。

 

 

記事の構成を意識する

 

論理的に納得させて、さらに行動に移したくなる文章には、最適な構成が存在します。

 

「サンドイッチパターン」「4つの行動パターン」「PASONAの法則」など長年コピーライターが研究した法則を使っているかを写経しながら確認しましょう。

 

 

構造を理解するためには、最初にフレームを理解しておくことが最低条件です。僕のメルマガや登録特典の「仕組み化の世界を覗く。」でメルマガライティングの基礎知識が習得できるようになっています。

 

そちらで大枠をおさえて、そのうえで構造を分析すると、うまい文章のつなぎの方法や、構造が鋭く見えるようになります。

 

 

 

「今この部分はストーリーを書いているのだな!」

「ここは親近感の部分だ」

 

とわかるようになるので、構造をおさえるためには、最低限のライティングの知識をメルマガやブログ記事で身に着けて写経に入りましょう。

 

 

 

読者に何を誘導するための記事なのかを推測する

 

心動く記事や文章には必ず「筆者の意図」が存在しています。

 

例えば、ダイエット講座を受けたい人に向けて書く文章と、ダイエットに興味がある人に向けた文章、ダイエットしたいんだけど何がいいのかわからない人のために書く文章は違うものになってきます。

 

誰かに刺さる文章は、「悩んでいるあなた一人」のために書いています。ターゲットが明確なんです。

 

 

そして、刺さる文章には『意図』があります。

 

メルマガに登録してもらうための文章もあれば、YouTubeを見てもらうための文章もありますよね。PV数を稼ぐための単発の記事の場合もあれば、他の記事に誘導して、ブログの滞在時間を延ばすための記事もあるかもしれません。

また商品が買いたくなる、販売ページかもあるでしょう。

 

 

あなたが思わず、次の行動に移りそうになった文は写経にも有効な文章です。

 

 

対して、『何が言いたいのかわからない文章』はターゲットが明確ではないことがおおいですね。

 

 

  • どんなキーワードで検索した人を狙っているのか?
  • ターゲットに記事を読んでどんな行動をとるように誘導しているのか?

 

という入り口と出口を考えて、写経してみましょう。

 

 

 

まとめ:ブログ記事写経でワンランク上のライティングスキルを身に着けよう

 

いかがでしたでしょうか?

 

普通に考えたらめんどくさい写経ですが、意識して継続していくことで、著しくライティング能力が向上します。

 

25万文字やれば成果が出始めるといわれていますが、僕は2か月で50文字を目標に写経して、コンサルをしてくれている先生に毎日報告するようにしています。

 

「なぜ?」を考えることが写経には必要ですが、この「なぜ?」を考える力が、ライティングのみならず、ビジネスを成功に導いてくれる思考なので、一緒に身に着けてほしいです。

 

写経する記事が分からないという方は、ぼくのメルマガを写経してみてください。型に沿って作られていて、使っている型も、メルマガ登録無料特典で公開しています。