投稿者:saku
「休みたいときは休めばいい」←こんなぬるくて成功できるの?

 

どうも〜、さくです。

最近は、ツイッターとメルマガに力を入れまくっています。

 

そのおかげでツイッター経由でのメルマガ読者が増えまくっているので

とてもうれしい限りですね。

やりがいが上がりまくりです。

 

さて、ツイッターを研究しまくっていると、

 

「僕の思想の中では」あまいなあ、、、

っていう思想を持っている人

がめちゃくちゃいるんですね。

 

いやいや、こんなので成果出そうとしてんのか、、、

みたいな。

 

そういう甘い思考の中で、こういう内容のツイートがありました。

 

 

 

「休みたいときに休むことも重要」?!

 

行動と同様に休むことも重要。
ツイッターでは行動行動しつこく言われているが、
休みたいときに「明日やろう」と思える心も必要。
疲れたら休めばいい。

 

こんな内容のツイート、、、これをツイートしていたのは

大物インフルエンサーでした。

 

 

しかもこのツイートのリプライには、

 

・肩の荷がおりました!

・それが一番効率いい。

・行動したくない時にはあえて行動しないことも必要ですね!

 

みたいな反応がたくさん来ていたんすよ。

 

しかもこのツイートがまあ結構バズっていました。

 

それだけ、人の共感を呼ぶようなツイートだったということですが、正直言ってこの思想やばいし、この思想に共感している人の中でネットで価値提供して金を稼ぎたい人がいるとしたら、相当マインドがガバガバだな、、って感じてしまいました。

 

なんでヤバいのかといえば、

簡単なことで、結果出てないのに休んでいる場合じゃねえだろ!

って思うからですね。

 

 

僕がこのツイートで問題提起したいことは、

 

 

・「休みたいときに休む」に共感が多く集まっていること

・行動がつらいというマインドを持っていること

 

です。(ネットビジネスで稼ぎたい・結果出したい人に限る)

 

 

休みたい時に休むのではなく、休むべき時に休む。

 

そもそもなぜ情報発信をやるのか?これを考えないといけません。

 

多かれ少なかれ、情報発信するのは何か目的があって、

そしてその目的を達成するツールとしての発信です。

 

たぶん、これから情報発信したい!という人でも、

何となく始めたい趣味にしたい!

 

という感じよりも、

お金に不自由のない状態になりたいな

と言うか自由を手に入れたい!

 

という何か目標であったり、目的があって情報発信をすることでしょう。

 

 

 

今現在、ツイッターやブロガー界隈で情報発信をしている人も、

何か目的・目標があって情報発信しているはずです。

 

少なくとも、情報発信をすることによって

note買ってもらったり、教材を購入してもらおうという

「目標のもとに行動して」

いるはず。

 

 

しかし、noteを買ってもらったり、サロンに入ってもらう目標の先に何を描いているのでしょうか?目標の先の「目的」しっかり見えていますか?

 

目的のない発信をしている人は軸がぶれまくります。

信念がない人には先導する資格すらありません。

 

 

目的ベースに考えて、

目的を達成するために目標を定め、

その目標を達成するために行動している。

 

この行動として

僕たちは情報発信をするべきなんですね。

 

 

僕は仕組み化をはじめとして、

ツイッターもブログもなんでやっているのか?

 

それは僕の理想である

「自分の理想の生き方を広めて、一人でも多くの人の価値観を変えること。そして僕の生きやすい環境を整えるため」

です。

 

そのための目標はネットでお金を稼ぐこと。

 

今度は行動ベースで自分がするべきことを落とし込んでいくのです。

できれば、行動が全ての生活において達成されるべきであります。

 

そもそも人生は目的達成のためにあるもの

(目的は達成できない物を設定するべきだが)

 

仕事することも目的達成のための行動であるべきだし、

遊ぶことも目的達成のためにあるべきです。

 

休むことも同様に人生の目的を達成するための行動であるべき。

 

休むことが目的達成に必要だなと思ったら、休むし。

仕事することが必要なら仕事をします。

 

 

だから休みたいときに休む必要はないのです。

 

むしろ休みたいけど力が余っていて、仕事をするべきなら仕事をするし、

仕事したいけどヘトヘトで休みたいなら休みます。

 

これが目的達成のための行動マインドです。

 

 

結局は行動が命。価値提供は行動ありきだ。

 

もしも、ブログやツイッターを事業として考えているのなら、

「休見たいときに休め」というスタンスは「悪しき風習」でしかありません。

 

むしろ

目標や目的を考えて、

その時々にふさわしい行動をすることが必要です。

 

おそらくの話をすると、

この休みたいときは休め

というツイートをしたインフルエンサーさんは、

インフルエンサーになりたいボーイ・ガールよりも圧倒的に行動していて、

継続する習慣を持っていて、実績もあって、形になる資産を持っています。

 

そして何者でもないあなたよりもより高い基準値で行動しているはずです。

 

 

他人から承認される資産を持っていないなら、とにかく行動しない限りは何者にもなれません。

 

「行動行動ってみんな言っていて疲れた」

と言っている場合ではないのです。

 

価値提供で稼ぎたいならとにかく行動です。

行動が0なら資産もくそもないですからね、、、。

 

環境の問題で行動できない

(例えば、仕事中・バイト中・通勤中であるとか、、)

なら思考しましょう。

 

思い出すことで記憶の定着を計るのです。

そしてまとまった時間までに

・すること

・話のネタ

 

考えておくと行動すべき時間を無駄にしなくて済みます。

 

資産がないなら行動する。

行動できないなら思考する・勉強する。

 

ネットでは価値提供命。

価値提供は行動が前提。

何者にもなってないなら、何者かになる必要があるんすね。

 

とにかく、ネットで生きるためにはそれくらいのバイタリティが必要です。

 

 

ネットで稼ぐには時給脳を捨てろ。じゃないとブログ確実に挫折します

 

 

どうもこんにちは、

さくです。

 

多分この記事を目にしているあなたは多少なりともネットで稼ぐことに興味があるはず。

 

ブログで稼いで、会社にとらわれない生活をする

こんなに魅力なことってないですよね。

 

 

朝早く起きる必要もなく、

肩身の狭い人間関係に悩むこともない。

 

ブログで稼ぐことができれば好きな時に仕事して、

好きな時に寝れるわけです。

 

 

副業が様々な企業で相次いで解禁されていますが、「ブログで稼ぐ」を副業だからと言って舐めてはいけません。

 

 

何しろブログで稼ぐということと、

会社で働いて稼ぐということは全くと言っていいほどその収入の性質が異なります。

 

 

ブログちょろっとやって稼げない人って、

ブログとか無理じゃねえか!

詐欺だろ騙された!

 

みたいな風にいちゃもんつけるんですけど、そもそもブログって働いたらそのぶんだけお金が貰える「時給」で働く感覚で記事書いていたら死にます。

 

 

 

ここでは重要な心構え

「時給脳でブログをやってはならない」

 

ということをお伝えします。

 

 

 

どんなに無能でも雇われていればお金が貰える

 

アルバイトにしろ、パートにしろ、正社員も、派遣社員も「雇われている」ということに共通なことなんですけど、

 

 

「雇われて」さえいれば給料がもらえます。

 

この概念が時給・月給という働き方です。

 

たとえどれだけ仕事ができなくても、ノロマでも、上司にブチ切れられても働いていればお金もらえるんです。

 

 

当たり前だと感じるかもしれないですが、これってかなり楽なことではあります。

 

 

何をするべきか?

どんなものを作るべきか?

 

 

こんなことを考えなくてもいい。

自分のもとに降ってきた仕事をこなせばいいだけですからね。

 

いわば思考停止状態です。

 

 

思考停止していてもとりあえず会社やバイト先に行きさえすれば

 

何時間働いたから、今日はこれだけお金もらえる。

1ヶ月間働いたからお給料はしっかりもらえる。

 

 

こういう状態に、なってるわけです。

 

 

これはこれで楽です。

だって自分がどれだけ無能でも一定のお金が振り込まれるという「保証」がありますもん。

 

時給で働くとはこういうこと。

働いたら働いた分だけお金をゲットできる。

 

 

だけどこれだとあなたが労働を辞めたら収入が0になるし、

自分が提供できる労働力以上の対価は支払われないことになります。

 

 

 

 

雇われるということは

会社に対しては「責任」を負いますが、

自分の人生には「責任」を負っていない状態ってことになります。

 

 

社畜とか、揶揄されることもありますが、

この雇用制度自体は素晴らしいシステムであると思っています。

 

自分が雇用される側に回るかは別として笑

 

 

 

 

ネットビジネスは成果が出るのが遅い。時給脳でいたら挫折する

 

ブログをはじめとするネットビジネスっていうなれば

「自動でお金を稼いでくれるシステム」をネット上に構築することが目的です。

 

この「システム」の構築が完了していない段階では、もちろんですが収入ってのは入ってきません。

 

だから必然的に結果が出てくるのは遅くなるわけです。

 

 

 

これを時給脳感覚でやったらどうなるのか?

確実に挫折します。

 

稼げないじゃん!もうやらない!ってなります。

 

 

 

だって最初の3ヶ月とかはお給料の出ない作業をやることになるから。

 

しかも初期費用を払ってサーバーに契約して、月額料金を払いながらブログ運営することになるので、時給脳でいたらそりゃ苦痛だろうなって感じです。

 

 

 

にもかかわらず、ネットビジネスを甘く見ているのかはわかりませんが、

30記事とか50記事くらいで挫折する人が圧倒的に多いというのが辞めていく人の現状ですね。

 

 

なんでこんなになめている奴が出てくるのかというと

「ブログは簡単」「ブログは副業」というイメージが定着していて、

しかも会社と同じ感覚で働けばその分だけ報酬がでて当然だという

「時給脳」感覚にとらわれているからだと思うんですよ。

 

 

へ―ブログって簡単に稼げるんだ、ちょっとやってみようかな~

ブログ記事書くのもめんどくさいからコピペで稼げる系のノウハウにしよう!

 

 

 

こんなノリで片手間でポチポチやっているだけじゃ確実に詰みです。

 

 

なめんなよと。

そんな簡単なもんじゃなくてマジで途方もない努力がいるぞということです。

 

 

 

どうやって売り上げがあげられるかというマネタイズも理解していないといけないですし、

ライティングもキーワードもリード文もSEOも避けては通れないないんすよ。

こういう必須スキル捨てたら短期的には稼げても、長期的に稼ぐことは絶対にできない。

 

 

しかもこのスキルって3日とかそこらで身につくわけもない。

 

 

グーグルで上位表示されるのも記事をアップロードしてから時間がかかる。

2か月とか3ヶ月で簡単に検索の上位をとることができたらそれはもうかなり才能のある人です。

 

挫折前提で取り組まなきゃ死にます。

 

普通に100記事書くくらいの勢いで取り組みましょう。

 

 

 

耐える時期を乗り越えれば確実に人生に影響が出てくる

 

 

100記事200記事書いていく中で次第に

 

ライティングのスキルだったり、

SEOの知識だったり、

マネタイズの方法だったり、

 

こういう必須スキルが自然と身についてきます。

 

 

このころには確実に人生に影響が出てきます。

自力で稼ぐ力を付けたら、会社に依存しなくてもよくなる。

 

 

多分この過程で挫折もしまくっているので、記事を書くこと自体が苦にならんはず。

 

 

記事も上位表示されるものが出てきて収入が発生してくるでしょう。

最低でも3万とか、うまくいけば月収100万以上は固い。

 

 

活動の幅も広がるし、何より考え方が今までの常識から抜け出せるのでもっと稼げるようになる。

例えば冒頭に戻りますが「時給で働いていては永遠に労働者だ」とかが分かるようになるってことです。

 

 

 

こういう感覚を今度は発信することでさらにあなたの資産がたまるという好循環ですね。

 

まとめ:時給脳は捨てよう。するとブログが驚くほど楽になる。

 

 

今回のまとめです。

 

  • 時給脳で作業してたらブログでは詰む
  • ネットビジネスも最初の方はタダ働き同然
  • 挫折は当たり前。むしろ挫折さえも記事にできるくらいの図太さが必要
  • タダ働き期間が終われば確実に人生にいい影響が出てくる

 

こんなとこです。

 

 

雇われて入れば「楽」が得られる。

自力で稼ぐ力を身に着けることで「楽以上のもの」が手に入るという感じです。

 

ただし自力で稼ぐ力を身に着けるには時給脳を捨てようってことを意識しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスでやる気ある人がメルマガ登録後にするべき4つの行動

 

どうもこんにちは、さくです。

 

 

今回はメルマガに登録したんだけど、そのあと何すればいいの?

 

もっとネットビジネスについて勉強したいんだけど、、、

 

 

 

 

って方向けに、メルマガ登録後にするべきことをまとめました。

メルマガ登録までしてさらに学びたい人ってその時点で上位20%に入っています。

 

相当意識高いです。

 

 

やっぱり継続って超大事なのでやると強くなれることはどんどんとやりまくりましょう。

 

 

 

ネットビジネスで挫折しない方法を学べるメルマガはこちらから

今なら電子書籍プレゼント中

↓↓

 

常識を破壊するメルマガ講座

 

 

 

 

 

 

ブログ記事の「音読」

 

 

まずやってほしいのはブログ記事の音読です。

 

初心者が陥りがちな挫折ポイントのうちの一つに

「記事の書きかたが分からねえ、、、」ってことがあります。

 

 

これを解消するために例えばライティングマニュアルを読んだりとか、

教材買ったりするわけですが、

 

これをそもそも実践レベルに落とし込むには、具体例に触れていることが必要です。

 

 

てかむしろ抽象的な方法論ばかりを学んでいても知識はついても、

「実力」が付くことがないんですね。

 

 

これは明確な理由があって、「ライティング知識が付いただけ」だからです。

 

 

実際に知識をためることもそれはそれですごく重要なのですが、

実践を伴わないと無駄になります。

 

 

抽象的理論と具体的事象

知識と実践、

インプットとアウトプット

 

これらはすべて車輪の両輪のような関係です。

 

片方だけであってももちろん前には進みません。

 

 

ノウハウコレクターは

抽象的理論

知識

インプット

 

ばかりを好みます。

 

そうじゃないんだ、と。

 

 

「音読」で手っ取り早くアウトプットです。

 

具体の方を潜在意識レベルで身に着けるために

いい文章を音読していきましょう。

 

 

ちなみに僕はあこがれている人のメルマガだったり、

記事だったり、

 

師匠のブログ記事だったりを音読しまくったので、

ライティングに関してはそこまで苦労しませんでした。

 

 

 

理論は嫌でも勉強することになります。

ただその時に頭でっかちにならないように、

具体的な事象にも触れまくることをおススメします。

 

ちなみに僕がオススメするライティングの教材は、

「ユーザー目線ライティング」という教材です。

 

「10倍売れる文章術」なんかが書籍だったらおすすめです。

 

 

YouTube動画でマインドを鍛える

 

 

続いてはYouTube動画による学習です。

 

音声学習ってやつです。

 

僕はこれをめちゃくちゃ推していて、

僕自身もオーディブルだったり、YouTubeで再生リストを作って勉強しています。

 

両手が塞がらないということと、

スキマ時間も無駄にならないということで、時間がない人にオススメな勉強法かなと思います。

 

僕のチャンネルでは抽象的なことが多めですが、

何回も聞いたら次第に僕の思考法に似てきます。

 

動画も3回は聞きましょう。

 

 

 

 

 

 

実際に行動してみる

 

 

上二つはインプットです。

 

お次は行動していきます。

行動といっても色々ありますが、僕が初心者にオススメしているのが

 

ツイッターを始める

自己アフィリエイトをしてみる

 

とりあえずさわりはこれで行きましょう。

 

 

ツイッターはインプットとアウトプットを

ほとんど同じタイミングでできるツールです。

 

シンプルですが、ブランディングだったり、ライティングだったり突き詰めていけばマジでいろんなことを必要とします。

 

 

フォロワーはすぐには増えません。

これはしょうがないです。

まずは1000人地道にためていきましょう。

 

 

ツイートの作り方などは、メルマガ企画の中で紹介しています。

 

 

 

自己アフィリエイトもおすすめです。

 

これをやることで、

・お金を稼ぐ感覚が身に着けられる

・アフィリエイトって何なの?どういう仕組み?ってことが

 

「実戦形式で」理解できます。これはマジでおススメで、

 

初期費用を稼ぐことができますし、

単純に行動したという「実績」にもなります。

 

 

自己アフィリエイトって何って方はこちらの記事を参考に↓↓

 

自己アフィリエイトとは?バカ分かりやすく解説

 

 

 

 

 

行動に関してはだらだらやることがないように。

 

短期集中的に時間を無駄にせずにマスターしていきましょ。

行動の考え方については下の動画で解説しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ブログ

 

 

どうもこんにちは、さくです。

 

 

「アフィリエイト」という言葉がインターネットを日常的に利用している人には、聞き慣れたものなってきている現在。

 

 

 

アフィリエイトで生計を立てていいる。

ネットで稼いでいる人が実名で名前を出していている時代であるにも関わらず、

 

 

 

やったことがない人は、やっぱり

「ネットで稼ぐとか怪しい」とか「実は詐欺なんじゃないのか?」

と疑う人がいるのも事実です。

 

 

先日ネットをぶらぶらしていたらこんな文書を見つけました。

ヤフー知恵袋さんからの引用です。

 

 

 

 

 

ほうほう、やっぱりまだアフィリエイト自体の仕組みも漠然としていてわからない人もいるのか、、、

 

 

 

ということでアフィリエイトがなぜマイナスイメージでとらえられているのかを解説していきます。

5分であなたはアフィリエイトとは何なのか?本当に怪しくないのか?が理解できます。

 

 

 

 

結論から言いますと、アフィリエイトは怪しくも何ともありません。

 

 

 

大企業のマーケティング手法としても成立していますし、これで収益を出している企業もあります。

 

ちなみに世間一般で怪しいとされているアフィリエイトを通して僕はかなりの知識を身に着けたので参考になれば幸いです。

 

 

 

アフィリエイトは企業もブロガーも得するビジネスモデル

 

 

 

最初にアフィリエイトとは何なのか?というと、成果報酬型の広告です。名だたる大企業も実際に利用しています。

 

ビジネスモデル的にはこんな感じです。

 

 

 

 

 

これは実はウィンウィンの関係です。

 

 

アフィリエイターはブログで紹介して「売れたら」報酬がもらえるし、

 

 

企業は、アフィリエイター・ブロガーが勝手に紹介してくれるので無駄な広告を出さなくて済むし、

広告費も「売れるまで」出さなくていいから費用も削減できる

 

 

両者共が効率のいいビジネスモデルになってます。

 

このビジネスモデルを多用しまくっているのがamazon・楽天です。

 

amazonも楽天アフィリエイトプログラムをやっています。

例えばあなたのブログからamazonの商品が売れたら売り上げの数パーセントの報酬をあげるよ!

だからamazonの商品を紹介してね!

 

ってシステムがあります。

 

 

 

商品リンクがブログに貼ってあるのを見たことないですか?

 

あれはなんでわざわざ貼っているかというと、そのリンクから商品を買ってくれたら報酬がもらえるからですね。

 

そのほかにも例えば本だったり、

時計だったりもアフィリエイトできます。

 

 

 

要はアフィリエイト自体は詐欺でなく、まっとうなビジネスモデルだということです。

 

 

 

じゃあなぜアフィリエイトのイメージはネガティヴなものになっているかというと、いくつか要因があると考えられます。

 

 

もっとアフィリエイトの仕組みを知り方はこちらから

踏み込んだ実戦形式の記事です。

アフィリエイトの仕組みと自己アフィリエイト

 

なぜアフィリエイトは怪しい・詐欺と思われてしまうのか?

 

 

怪しい理由1:アフィリエイトをやる方法を解説している教材が詐欺的なものがたくさんある

 

 

アフィリエイトのやり方を解説している情報商材。

近年品質が著しく向上しましたが、まだまだ詐欺的な商材がたくさんあります。

 

 

 

特に入門者・初心者向けの情報商材は世の中に腐るほど存在していて、特に優れているものから、付加価値はおろか情報すらうまくまとめられていないものまで様々です。

 

 

 

抽象的すぎて再現性が低いものや、具体的なことしか書いておらずノウハウが一過性ですぐにすたれてしまうものなど挙げたらきりがないのですが、とにかく良くない初心者向けの教材はたくさんあります。

 

 

情報商材などアフィリエイトのノウハウは大多数が初心者向けですが、なんで初心者向けが多いかというと、

「初心者は情報弱者が多く、カモにしやすい」

 

こういう理由があります。

 

 

ゴミ教材に引っかかって、稼げない。

 

詐欺アフィリエイト教材の悪いレビューがたくさんでてくるだけでなく、その周りの人から見れば「なんかアフィリエイトってだまされるんだ」ってくらいにしか映らないので次第に印象が悪くなるのです。

 

 

 

 

 

アフィリエイトが怪しい理由2:SNSで稼いでますアピールしてくるやつがたくさんいる

 

 

詐欺ノウハウが横行している場所の一つとしてSNSがあります。

 

 

  • 高級マンションに住んでます。
  • 今日の収入は30万円です。
  • おいしそうな肉とか酒の写真
  • 稼ぐ仲間を募集しています
  • 一日3クリックで月収100万円。誰でも可能です

 

 

みたいなツイートをしているアカウント見たことがないですか?

 

まさに初心者をカモにする系のノウハウを提供しています。

 

 

 

30万くらいの塾に入って何を教えてもらえるのかと思えば、

 

・ツイッターのアカウントを作って、稼いでいるアピールをしましょう

・DMを送りまくって引っかかった人と直接会ってあなたが入ったこの塾を紹介しましょう

・紹介料は15万で2人紹介すれば元が取れますよ

 

 

 

っていうねずみ講的なノウハウだけを教えてもらえます。

一昔前横行していました。

 

 

この手のアカウントがあるのもなんか怪しいという印象が生まれた要因の一つです。

 

 

 

アフィリエイトが怪しい理由3:モラルのないアフィリエイターの存在

 

ネットスラングに「アフィカス」という言葉があります。

 

このアフィカスとは他人のコンテンツを引用もなく盗みまくって、

そのコンテンツで収益を上げるというモラルのないアフィリエイターの名称です。

 

 

金さえ稼げれば何でもいい!

って感じで使えない商品を販売したり、

メールアドレスを登録させる事でスパムメールを送ったり他人にメアドを売ったり

 

汚い方法で金を稼ぐ輩が存在していました。

特にまとめサイトなどでよく見かける手法です。

 

 

 

こういう広告まみれのサイトを日常的に見かける人はアフィリエイトは汚いものだという負の印象が強いという傾向にあります。

 

 

 

アフィリエイトが怪しい理由4:そもそも勉強不足

 

 

当たり前なんですけど、調べることって大切です。

今の時代、ネットを使え場大抵のことを調べることができます。

だけど、調べることを怠れば必然的に知らないことが増るのは当然のこと。

 

アフィリエイトもそのうちの一つで、

「何となく怪しそう」と感じているだけかもしれません。

 

 

 

 

「怪しいからやらない」という思想は超もったいないです。

やるやらないは結局のところ個人の自由ですが、しっかりと調べれば、原理は理解できますし、正統なビジネスモデルでマーケティングの手法として企業も利用しているものだとはわかるはずです。

 

 

世間の大多数の人はアフィリエイトされた商品を購入したことがあるにも関わず、

やる側には回らない。なぜなら「怪しいから」

 

 

本当に怪しいかは調べないとわからないのに、

思考停止しちゃっているんですね。

 

 

 

ビットコインやpaypay にも当てはまりますが、

「怪しいから」という理由でやらないと、チャンスを失なうことにつながります。

調べたうえで判断しましょう。その方が後悔も少ないですし。

 

 

怪しいがゆえに多くの人がやりたがらないからこそ、まだまだチャンスがある業界なのかもしれません。

 

 

 

 

情報を大切にしましょう。思考停止していてはチャンスを失います

 

 

 

アフィリエイトは怪しいから稼げないのか?と言われれば全然そんなことはなくて、普通にアフィリエイトで生活している人なんて腐るほどいます。

 

確かにアフィリエイトは怪しいと思われる要因もたくさん存在しますが、

何となくの先入観でチャンスを失うのではなく、しっかりと自分の目で判断してみてはいかがでしょうか。

 

思考停止じゃもったいないです。

まずは調べてみて、まずはチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?