どうもこんちは。さくです。

 

ネットで検索をかけてみると・・・

「アフィリエイトは後発組だから今更初めても稼げない」

「飽和状態の市場だからアフィリは遅い」

 

なんてキーワードで検索している人が一定数いることに気が付きました。

 

 

 

確かにアフィリエイト始める前は僕も

「後発組だから遅くないかな?」「アフィリエイトって今更なのかも、、、」

 

 

と不安になった覚えがあります。

 

 

僕がアフィリエイトを知った時は2017年。

この時からアフィリエイトって飽和状態では?

今からアフィエイト始めても遅いんじゃないか?

 

 

という記事は乱立していました。

しかし、たどってみるとその記事が2014年に書かれたものだったり、、、

 

 

この記事ではそんな不安を払拭するべく、

アフィリエイトは飽和状態なのか?

果たしてこれから参加しても稼げるのか?

ということをお話ししていきます。

 

飽和しているのではなく、参入者が年々増加している

 

結論から言うと、

アフィリエイトは飽和していません。むしろまだまだ発展途上のビジネスモデルだということができます。

 

 

 

少しこの記事の本質からずれてしまいますが、

なぜアフィリエイトは飽和状態だと思われているかというと、

 

 

もうすでに参入者がたくさんいて、

さらに年々参入者は増加しているからなんです。

 

これだけ聞くと、当然ヤバいですね。確かにアフィリエイト今更遅いのかも、、、

と思うかもしれません。

 

でもこれって少しからくりがあって、

大量に参入者がいる代わりに、大量に離脱者がいるのです。

 

 

 

アフィリエイトをはじめとするネットビジネスの特徴としては、

 

 

パソコンとスマホがあれば始められるというところにあります。

すなわち参入障壁がすごーく低いのです。

 

初期投資が少なくて済むため、たくさんの人が参入してくるのです。

ラーメン屋とか塾とか「実業」では、店舗を用意して、人件費を確保して、原価が掛かって、、ってやっている間に200万は普通にかかります。

 

それがアフィリエイトだったらパソコン合わせても7万とかに始めることができるから、それはハードルが低いなという感じですよね。

 

 

ブログだって、収益とか関係なく、ただ始めようとするだけなら無料ブログだってあります。

 

無料ブログはお勧めできないんですけどね、、、

 

無料ブログのヤバさはこちらに書いてあります。

 

 

だからすぐに始められるけどそんなに覚悟がない人がたくさん始めるからその分辞める人もたくさんいるということですね。

 

表面上はたくさんの人が参加しているから飽和しているように見えるのです。

 

 

アフィリエイトは右肩上がりでまだまだ飽和しない

 

アフィリエイトを今から始めても全く遅くないです。

飽和しているというのは、ちなみに2012年あたりから言われていたそう。

 

その段階から今更遅いって言われていたんですね。

 

 

にもかかわらず、例えば2017年・2018年から参入して稼げるようになる人はたくさんいます。

 

これはなぜかというと、ネットが年々発達して、その分のアフィリの需要が増えたからです。

アフィリエイトの市場規模

 

 

 

その証拠にアフィリエイトの市場自体は右肩上がりで増加しています。

だから新規参入者が増加しても飽和することがないんですね。

 

アフィリエイト産業には近年とくに企業の参入も目立つくらいです。

 

例えば、SEOのコンサルティング会社だったり、

記事を納品する会社、

さらにアフィリエイトサイトを作って売却する会社まで

幅広く存在します。

 

 

ただし今までの「情報」だけを発信するアフィリエイトは飽和する

 

 

ここまでアフィリエイトは飽和しない。今更遅いということはないという話をしてきました。

が、これには条件があって、実践する全てのアフィリエイトが飽和していないか?

というとウソになります。

 

 

その例として情報を発信するだけのアフィリエイトに関しては飽和状態です

 

 

例えば何かの情報サイト、だったり豆知識や生活の知恵を発信するようなキュレーションサイトは、企業が参入してきているのです。

 

記事を外注して、一日に100記事とか300記事とか上げるようなサイトがあります。

これは企業の持っている資金力あっての戦略と言えますが、そんななかに個人が突っ込んでも到底勝つことはできないでしょう。

 

 

アフィリエイトの規模自体はデカくなっているという話でしたが、

参入する場所を間違えると、絶対に成功しません。

 

僕がやっている仕組み化は、

メルマガに誘導するため、そもそも企業と戦う必要がないですが、

 

どんな手法で、どんなジャンルで戦うということはとても大事になってきます。

事前にしっかりと調べてから参入しましょう。

 

個人を押し出した「ブログ」でアフィリエイトしよう

 

情報オンリーを発信することはまずいという話をしてきましたが、

ではどうすればいいのでしょうか?

 

何をするべきなのでしょうか?

 

これに関しては簡単で、

ただの情報を発信するのではなく、

あなた自身のキャラを通して、あなたの視点を通して情報発信することが必要になってくると言えます。

 

その情報がほしいのではない。

あなたが発信している情報が欲しいという人を増やすことが、

今後の個人が戦うためのアフィリエイトでは強いといえます。

 

 

いいかえれば、

情報を求めている「サイト」を作るのではなく、

「ファン」を作るための「ブログ」を作ることが必要ということですね。

 

 

 

ファンについては、僕のメルマガやこの記事にも書いてあります。

しっかりと読み込んでくださいね!

 

 

アフィリエイトは今更遅い?そんなことありません。

 

アフィリエイトは今更遅い?飽和状態?

そんなことありません。

 

アフィリエイトを進めていくうえで、

「サイト」は企業が参入しているから、個人が戦うのには遅いかもということですね

 

「ブログ」は「情報」に集まるのではなく、

「ファン」が集まってくるので飽和状態には全然ならないのです。

 

 

 

ネットビジネスでも場所を選ぶのってすごく大事なんですよね。

僕は、「仕組み化」というビジネスモデルをメインで実践しておりますが、

ファンを作るにはもってこいのビジネスモデルです。

 

 

 

 

これからも飽和状態が起きない仕組み化について、さくの視点満載で講義しているメルマガがあるので、

 

ネットビジネスのジャンル選び、ミスって飽和したところで挑戦してたってことになるのヤダな、、、

 

って思う人はぜひ「さくのメルマガ」で、ビジネスについて勉強してみてくださいね